トップ > ☆<<2021夏秋 特集カテゴリ>> > ■今月のおすすめ野菜【6月】 > キュウリ・Vアーチ
カテゴリから探す
    友の会勧誘サイト 友の会会員サイト

カタログ無料プレゼント

タキイの栽培コンテンツ

トップ > ☆<<2021夏秋 特集カテゴリ>> > ■今月のおすすめ野菜【6月】 > キュウリ・Vアーチ

タキイ交配 キュウリ・Vアーチ

猛暑に強くたくさんとれる!

フィルムコート種子:1袋(10粒)、1袋(350粒)
プロ向け

初期から安定してたくさんとれる。小葉・立性の草姿で管理作業が行いやすく、うどんこ病・べと病・ウイルス病(ZYMV*)・褐斑病に複合耐病性で減農薬栽培が可能。歯切れよく、甘みのある果肉で食味に優れる。
【病気に強いVシリーズ】
べと病やうどんこ病、ウイルス病に強く、長期間安定栽培でき、高品質!
平均果長 21~22cm

【遅まき栽培でキュウリを長期間楽しむ(中間地基準)】
6月にタネをまく遅まき栽培は、極端な低温にあうこともなく、初期の生育が順調に進むため、比較的トラブルの少ないタネから作りやすい作型です。耐病性があり、耐暑性にも優れる「Vアーチ」「シャキット」「VR夏すずみ」などの品種を利用するのがおすすめです。また、近年は夏の暑さが厳しく、5月に植え付けたキュウリが、思った以上に早く枯れ上がることが多くなっています。そこで6月にタネをまく作型を加える事で、長期間収穫が可能になります。
[栽培のポイント]
(1)タネまき
6月のタネまきが2回目の作型の場合は、最初の定植から1ヵ月後を目安にタネをまきます。
(2)育苗と畑の準備
日中の気温が高くなる時期の植え付けになるので、本葉2.5枚までの若い苗を定植します。育苗期間は20日前後で、5月ごろに定植する苗よりも短くなります。気温の上昇に合わせ、肥効も上がってくるので、元肥の入れ過ぎに注意してください。
(3)整枝・摘芯(図)
この時期は側枝が長く孫枝の発生も旺盛になりやすいので、側枝はすべて1節で摘みとるようにし、過繁茂を未然に防ぎます。整枝のタイミングは、早めに行うことが草勢維持と果実肥大・果形安定の観点からも重要で、枝が手でつまめる太さのうちに行います。

*ZYMV=ズッキーニ黄斑モザイクウイルス
※若干のオフタイプが発生することがあります。切れ込みの深いギザ葉の苗は定植しないでください。
※平均果長は目安であり栽培条件により結果が異なる場合があります。


    アイコンの説明はこちら

    申込番号お届け予定購入数税込価格友の会割引価格
    キュウリ・Vアーチ (袋)

    03907701

    順次発送中 ¥638 ¥574
    キュウリ・Vアーチ (350粒)

    03907702

    順次発送中 ¥11,550 ¥10,395

    ■今月のおすすめ野菜【6月】 ランキング

    この商品を見た人は、こんな商品も見ています

    カスタマーレビュー

    おすすめ度

    (0件のカスタマーレビュー)

    あなたの意見や感想を教えて下さい。

    • 「お届け予定」の時期は、およそのお届け時期を表しています。
      (例)10/上~12/下=10月上旬~12月下旬 9/中より順次=9月中旬より順次
    • 1袋の種子粒数は、およその目安として表示しています。実際の粒数と多少差異がありますのでご了承ください。
    • 品種、地域、時期によっては、すぐには播種できない種子があります。必ずご当地にて、播種が可能かご確認のうえ、お買い求めください。
    • 混合(ミックス)商品は、発芽率・生育などに、偏りが生じることがあります。
    • 種子の粒状( 粒の大きさ) は、採種地や気候など採種条件により多少異なり、粒数も変わる場合があります。
    • 写真はイメージです。特別な表記がない限り鉢やバスケット、寄せ植え材料等は含まれません。
    • また、お届けする商品の姿ではありません(植物は種、苗木、球根等の素材をお届けいたします)。
    • 資材商品など、一部会員割引が適用されない商品がございます。
    • 花期、収穫期(○○どり)、高さ、収穫重量などの性質は、一般平坦地における適期栽培でのおおよその目安です。
    • 生育日数、収穫までの年数などは、定植後のおおよその目安です。高さは成長した際のおおよその表示です。お届け時の高さではありません。
    • 果樹・野菜・有用植物以外は食用ではありません、動物にも与えないでください。
    • 農水省登録品種、R 登録商標、契約販売品種など、詳しい説明についてはこちらをご覧ください。
    • お届け種苗と表記マークについてはこちらをご覧ください。
    • 野菜品種における耐病性、台木についての記号の説明はこちらをご確認ください。
    ページトップへ