カテゴリから探す

タキイの栽培コンテンツ

  • 苗の宝箱

    苗の宝箱

  • 2021春 花と緑の特別号

    2021春 花と緑の特別号

  • 草花タネアソート

    草花タネアソート

  • 21春 母の日ギフト

    21春 母の日ギフト

  • 春の頒布会 締切延長

    春の頒布会 締切延長

  • ベストヒット資材

    ベストヒット資材

  • マルシェvol.14

    マルシェvol.14

  • 初心者向け特設コーナー

    初心者向け特設コーナー

タキイの人気ランキング

  • 色々なランキングNo.1を集めました

  • 野菜タネ

  • 花タネ

  • 球根

  • 草花の苗

  • 花木の苗

  • 果樹の苗

  • 野菜・イモの苗

  • 緑肥・景観用・芝草のタネ

  • ガーデニンググッズ

    

特集【2021年春】

FEATURE

「今が旬」特集を集めました!

これから育てると、ちょうどいい花や野菜!今注目のアイテムを集めました。
  • 4月まき時野菜

    野菜担当がおすすめする今がまき時野菜タネ!(2021/04/12更新)

    もっと見る

  • 人気セレクション

    この春はこれで決まり!春まき野菜&特選商品大集合!野菜苗も充実の品揃え!(2021/04/05更新)

    もっと見る

  • 5月納期果樹苗

    買い忘れた方に朗報!5月に届く果樹苗をバラエティ豊かにご紹介!!(2021/04/12更新)

    もっと見る

  • クレマチス150種

    ご好評にお応えして今年も多数のクレマチスをご紹介!お気に入りがきっと見つかる!!(2021/02/8更新)

    もっと見る

  • シンボルツリーに!各種オリーブ苗

    「平和」「幸せ」を願って…縁起のよい庭木として人気のオリーブ。お庭で育ててみませんか?(2021/02/22更新)

    もっと見る

  • 納期別野菜苗

    初心者にも作りやすい優れた品質の人気品種が多数!お住いの気候や用途にあわせて納期をお選びいただける野菜苗をご用意しました。(2021/04/01更新)

    もっと見る

  • ダリアグラアソート

    ネット限定!!お好きな商品2つ選んで2980円!花色、花姿いろいろ取り揃えました!(2021/03/08更新)

    もっと見る

  • 古典植物

    コレクター必見!!おすすめ!希少!きっと見つかる価値ある一鉢(2021/04/05更新)

    もっと見る

  • 花苗バラエティーセール

    ガーデニングの楽しみが広がる魅力的な品種や花苗セットが満載!趣味の園芸はじめの一歩はこちらから!(2021/02/15更新)

    もっと見る

  • サントリー本気野菜

    楽しい!美味しい!始めよう家庭菜園!サントリー本気野菜シリーズをご紹介!(2021/03/29更新)

    もっと見る

  • 花タネ未掲載

    カタログでお好みの花が見つからなかった方必見!未掲載商品をまとめてご紹介!(2021/02/8更新)

    もっと見る

  • 緑肥景観用おすすめ種

    連作障害対策、転換畑、休耕地向けにおすすめの緑肥を取り揃えました!(2021/02/22更新)

    もっと見る

「まだ間に合う」特集を集めました!

そろそろ終了間近ですが、まだまだ間に合う花や作物を集めました。
  • デルモンテ トマト苗

    大玉・中玉・ミニトマトまで勢ぞろい!初めてのトマトづくりにもおすすめ!(2021/03/15更新)

    もっと見る

  • 春まき野菜種子&家庭菜園グッズ

    21年春ガイドの未掲載品種や通販限定販売商品を多数販売!これから始める品選びはこちらから!(2021/03/01更新)

    もっと見る

  • 福袋追加!ガーベラ&ガルビネラ

    耐暑・耐寒性に優れ花壇でも育てられる画期的なガーベラ。花上がりよく、切花にもおすすめ!(2021/03/22更新)

    もっと見る

  • 切り花になる宿根草

    お庭で活躍中のお花を開花した頃に室内に飾っても楽しめる。長~く楽しめる宿根草をご紹介。(2020/12/14更新)

    もっと見る

  • バラ新苗特集

    お気に入りがきっと見つかる最新ローズコレクション。(2021/1/12更新)

    もっと見る

  • サツマイモ新品種&希少種あり

    苗を育てて穂を作り、定植!上質なイモをどっさり収穫!!(2021/03/15更新)

    もっと見る

  • 花タネバラエティセール&セット

    数量限定!用途に合わせてさまざまに楽しめる多種多様な草花集めました。(2021/1/5更新)

    もっと見る

  • 宝箱追加!アルストロメリア

    パッと目を引く色鮮やかな花色は、お庭でもアレンジメントでも大活躍!(2021/03/15更新)

    もっと見る

  • “ちっちゃな元気花苗

    タネまきや育苗の手間いらず!たくさんの苗が楽しめるので、地域の緑化や学校花壇などにもおすすめです!(2021/2/25更新)

    もっと見る



あなたにおすすめの商品


初心者向け特設コーナー

注目品目コーナー

タキイの栽培コンテンツ

  • 野菜
  • バラ
  • 果樹
  • 芝生・緑肥
  • 2021/1/5筆者:藤田智

    寒じめ栽培にトライしよう!

    ホウレンソウやコマツナは、厳寒期の寒さにさらされることによって見ためも味も大変身。葉は厚く緑が濃くなって、ぐんと甘くおいしくなります。今年の冬は、寒さを利用した寒じめ栽培に挑戦してみませんか?

    もっと見る

  • 2020/12/14筆者:木嶋利男

    果菜類と一緒に育てるコンパニオンプランツ

    互いに助け合って生育する、相性のよい植物同士のことを「コンパニオンプランツ」といいます。農業では、互いに助け合う組み合わせだけでなく、収穫を目的とする野菜など、一方だけに都合がよい場合もコンパニオンプランツとして扱います。ここでは、果菜類と一緒に育てるコンパニオンプランツのメリットと相性のよい植物の組み合わせをご紹介します。

    もっと見る

  • 2021/2/3著者:池口英明

    バラエティーに富むヒマワリサンリッチシリーズの使い分け

    発売から30年目を迎え、切り花用ヒマワリとして世界中で長く 親しまれている‘サンリッチ’シリーズ。豊富に揃った品種の 花色や咲き方の違い、栽培面についてご紹介します。

    もっと見る

  • 2021/2/3著者:丸山美夏 君塚亜紀

    タネから丈夫に育てた一年草で暑さに負けない夏の庭づくり

    東京・多摩市にある恵泉女学園大学には、春から晩秋まで一年草を中心にした美しいガーデンがあります。暑さの厳しい夏でも元気に花を咲かせ続けることができる理由を、花壇管理チームのお二人に教えていただきました。

    もっと見る

  • 2018/12/1著者:下平剛徳

    開花が待ち遠しい!新苗から始めるバラ栽培

    4~6月に出回り、求めやすい価格がうれしいバラの新苗。「茎が細くて小さいけれど、丈夫に育つの?」「何か特別な育て方が必要?」そんなもやっとするポイントをバラ専門家の小山内健さんが解決!新苗の特徴と育て方のポイントを詳しく解説し、おすすめの品種をご紹介します。

    もっと見る

  • 2019/3/4著者:小山内健

    バラのよくある育て方Q&A

    4~6月に出回り、求めやすい価格がうれしいバラの新苗。「茎が細くて小さいけれど、丈夫に育つの?」「何か特別な育て方が必要?」そんなもやっとするポイントをバラ専門家の小山内健さんが解決!新苗の特徴と育て方のポイントを詳しく解説し、おすすめの品種をご紹介します。

    もっと見る

  • 2020/8/27著者:大森直樹

    庭先で育てるおいしい果樹 ポポーを育てよう

    ポポーは、英名をカスタードアップルといい、バナナとマンゴーをミックスさせたような、濃厚な香りと甘みをもっています。5月下旬~6月上旬に咲く、チョコレート色のシックな花も魅力です。マイナス30℃くらいまでは耐寒性があるので、国内のほとんどの地域で栽培可能です。家庭のお庭で栽培し、おいしい完熟ポポーをお楽しみください。

    もっと見る

  • 2019/1/9著者:原田寿晴

    暖かい地域でも作れる!リンゴ栽培教えます

    最近、温暖化の影響を受けて、産地では気温の変化に対応したリンゴ品種が開発されています。これらの品種は中間地での栽培にも適しています。今回は、中間地栽培におすすめの品種とその栽培方法を、青森県でリンゴ苗の生産・育種を行う原田寿晴さんがご紹介します。

    もっと見る

  • 2020/8/6著者:加藤正広

    あこがれの芝生ガーデン 冬でも青い芝生の育て方教えます

    窓から見える庭の芝生はいつも青々してみずみずしい。そんな美しい芝生を1年中キープする方法をご紹介しましょう。あこがれの芝生ガーデンを手に入れるためにぜひ役立ててください。

    もっと見る

  • 2020/8/6著者:編集室

    秋からの緑肥栽培 基本のき

    長期間、同じ土で作物を作り続けると、土の中のいろいろなバランスが崩れてきます。例えば、農薬を使用し続けることで、よい働きをしてくれる微生物がいなくなってしまうことがあります。また、チッソやカリウムなどの特定の栄養分が過多になったり、センチュウなどの土壌中の害虫が増えてしまうことも。このように「疲れきった」土を、薬剤や科学的な物をできるだけ使わずに、植物の力を借りて復活させる、環境や人体にもやさしい「緑肥栽培」という方法をご紹介します。

    もっと見る

ページトップへ