トップ > 草花の苗 > 五十音順から選ぶ > 雪割草
カテゴリから探す

タキイの栽培コンテンツ

雪割草 通販

草花の苗 > 五十音順から選ぶ 雪割草  (22件)

人気ランキング
表示方法

画像一覧で表示詳細一覧で表示

在庫
並び替え

[ オススメ順 ] [ 新しい順 | 古い順 ] [ 価格が安い順 | 価格が高い順 ] [ 売れ筋順 ]

表示件数

[ 25件 | 50件 | 100件 ]

|1|  (カテゴリ名:草花の苗 / 五十音順から選ぶ / 雪割草)

雪割草・妖精咲 妖艶(ヨウエン)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥60,000 ¥54,000 品切・完売致しました。

雪割草・妖精咲 春の宴(ハルノウタゲ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥38,000 ¥34,200 品切・完売致しました。

雪割草・二段咲 幽谷(ユウコク)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥30,000 ¥27,000 品切・完売致しました。

雪割草・二段咲 映紅(エイコウ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥12,000 ¥10,800 品切・完売致しました。

雪割草・二段咲 雪虎(セッコ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥9,000 ¥8,100 品切・完売致しました。

雪割草・三段咲 紅獅子(ベニジシ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥38,000 ¥34,200 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 黒真珠(クロシンジュ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥38,000 ¥34,200 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 茜雲(アカネグモ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥30,000 ¥27,000 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 白玉(シラタマ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥28,000 ¥25,200 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 夕焼(ユウヤケ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥13,000 ¥11,700 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 妙翔(ミョウショウ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥13,000 ¥11,700 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 はな吹雪(ハナフブキ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥11,000 ¥9,900 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 紅星(コウセイ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥11,000 ¥9,900 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 夢扇(ユメオウギ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥9,000 ¥8,100 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 山王桜(サンノウザクラ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥9,000 ¥8,100 品切・完売致しました。

雪割草・三段咲 紫雷光(シライコウ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥30,000 ¥27,000 品切・完売致しました。

雪割草・三段咲 白牡丹(ハクボタン)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥21,000 ¥18,900 品切・完売致しました。

雪割草・三段咲 飛天(ヒテン)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥9,000 ¥8,100 品切・完売致しました。

雪割草・三段咲 黒牡丹(コクボタン)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥11,000 ¥9,900 品切・完売致しました。

雪割草・千重咲 千佳(センカ)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥12,000 ¥10,800 品切・完売致しました。

雪割草・三段咲 花神(カシン)

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
¥9,000 ¥8,100 品切・完売致しました。

雪割草 ミックス

可憐な姿で春の訪れを知らせる!

(価格は税込価格です。)
単位価格友の会割引価格備考
3株 ¥3,150 ¥2,835
|1|
雪割草は雪を割って花を咲かせる様に見えるため「ユキワリソウ」と呼ばれています。雪割草の最大の特徴は、変異の数が多く、多種多様な花色・花姿の品種があることです。
赤、白、黄、桃と様々な花色があるには言うに及ばず、花形も八重咲きや一重咲き、中には花弁の数が100枚を越える品種もあるほど、花形も多岐に渡ります。

雪割草の特徴

割草は、寒さには比較的強い植物ですが、その反面夏の暑さを苦手とします。 そのため、木漏れ日が差す程度の明るい日陰や、落葉樹の下などの、夏は日差しから守られ、秋から春にかけては日があたるような場所が最適です。
ページトップへ