タキイネット通販TOP > ガーデニンググッズ一覧 > 便利グッズ一覧 > カセットガス式 インバーター発電機 GHT-1000
カテゴリから探す

カタログ無料プレゼント

    バラのひろば PW商品大特集 暑さ対策特集

    タキイ友の会 会員大募集! タキイ友の会 会員様専用

タキイの栽培コンテンツ

タキイネット通販TOP > ガーデニンググッズ一覧 > 便利グッズ一覧 > カセットガス式 インバーター発電機 GHT-1000

カセットガス式 インバーター発電機 GHT-1000

合計1000Wまでの電気製品が使える。非常時の備えとしてもオススメ!

屋外用 これは便利!

カセットガスボンベを燃料とするエンジン式発電機です。発電された電気は交流(100Vコンセント2口)、直流(12Vアクセサリソケット1口)、USB(最大12V2口)の3種類合計1000Wまで使えます。交流の周波数は50/60Hzの切り替えが可能。電源のない場所での電動農具・工具の使用や非常時の備えとしてもおすすめです。(中国製)
送B
北海道・離島にお届けの場合中継料600円、沖縄県全域・東京諸島へお届けの場合、中継料2,200円をご請求いたします。

■規格
サイズ・重量(約):[本体]幅43×長さ24×高さ40cm/12kg
■仕様
[発電機]
①交流 周波数:50Hz/60Hz(切替式) 定格電圧:100V 定格電流:10A
②直流 定格電圧:12V 定格電流:5A
③USB 定格電圧・電流:5V-3.4A/9V-2.5A/12V/2A(最大24W)
[エンジン]
空冷4サイクルガスエンジン 排気量:60cc
使用燃料・容量:液化ブタン500g(カセットガスボンベ2本)
始動方法:リコイルスタータ 騒音値(約):68dB
連続使用時間(約):2時間(エコモードON時)、1時間(エコモードOFF時)
■付属品
オイルドレンパイプ、プラグレンチ、ドライバーハンドル、ドライバー軸、直流バッテリー充電用コード、オイルジョッキ、取扱説明書

※ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。
※本品は取扱説明書に記載されている定期的な点検・清掃が必要です。
※自治体の条例で定める工場や事業所で使用される場合は各条例で定める騒音値以下でご使用ください。
※カセットガスボンベはご用意ください。付属していません。取り扱いにはご注意ください。
使用する際の注意点
(1)屋内では絶対に使用しないでください。
(2)屋外でも、換気の悪い場所・下記を使用する場所では絶対に使用しないでください。
(3)製品ごとに定められた距離を建物及びその他の設備から離してください。

※機器類の保証は各メーカー規定に依ります。
申込番号お届け予定購入数税込価格友の会割引価格
カセットガス式 インバーター発電機 GHT-1000 (台)

02340585

順次発送中 ¥92,000 ¥92,000
この商品を見た人は、こんな商品も見ています

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

あなたにおすすめの資材商品



  • 「お届け予定」の時期は、およそのお届け時期を表しています。
    (例)10/上~12/下=10月上旬~12月下旬 9/中より順次=9月中旬より順次
  • 1袋の種子粒数は、およその目安として表示しています。実際の粒数と多少差異がありますのでご了承ください。
  • 品種、地域、時期によっては、すぐには播種できない種子があります。必ずご当地にて、播種が可能かご確認のうえ、お買い求めください。
  • 混合(ミックス)商品は、発芽率・生育などに、偏りが生じることがあります。
  • 種子の粒状( 粒の大きさ) は、採種地や気候など採種条件により多少異なり、粒数も変わる場合があります。
  • 写真はイメージです。特別な表記がない限り鉢やバスケット、寄せ植え材料等は含まれません。
  • また、お届けする商品の姿ではありません(植物は種、苗木、球根等の素材をお届けいたします)。
  • 資材商品など、一部会員割引が適用されない商品がございます。
  • 花期、収穫期(○○どり)、高さ、収穫重量などの性質は、一般平坦地における適期栽培でのおおよその目安です。
  • 生育日数、収穫までの年数などは、定植後のおおよその目安です。高さは成長した際のおおよその表示です。お届け時の高さではありません。
  • 果樹・野菜・有用植物以外は食用ではありません、動物にも与えないでください。
  • 農水省登録品種、R 登録商標、契約販売品種など、詳しい説明についてはこちらをご覧ください。
  • お届け種苗と表記マークについてはこちらをご覧ください。
  • 野菜品種における耐病性、台木についての記号の説明はこちらをご確認ください。
ページトップへ