トップ > はじめてのダイコン特集
カテゴリから探す

タキイの栽培コンテンツ

トップ > はじめてのダイコン特集

はじめてのダイコン特集

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
はじめてのダイコン特集

はじめて栽培 おすすめ品種

三太郎
栽培カレンダー

三太郎

夏以外ならいつでも収穫できる、場所・時期を選ばない、とてもつくりやすい品種。

栽培のここだけチェック

  • ダイコン栽培は土づくりがとても大事。深さ40~50cm以上に深くやわらかくふっくらになるようよく耕しましょう。

栽培のポイント

POINT1土づくり

堆肥を入れる場合は、種まきの1カ月以上前に、よく腐熟した堆肥を1㎡当たり2~4㎏程度入れてよく耕します。その時に苦く土石灰を1㎡当たり80~150g程度入れると、pHの調整ができ効果的です。 タネまきの1週間前までに元肥を化成肥料を入れてよく耕してください。

土づくり

土づくり
土づくり
バイオダルマ

バイオダルマ

1袋(15kg入)

1組(15kg入×3袋)

バイオコダルマ

バイオコダルマ

味菜 根菜の肥料

味菜 根菜の肥料

POINT2畝の準備

種まき直前に畝の準備をします。土の状態は、畝を立てる日に土を軽く握って固まる程度に、前もって土を湿らせておいてください。 通常の栽培では、畝が1m幅なら2条(条間40㎝)、50~60㎝幅なら1条栽培にします。畝の高さは10㎝、水はけの悪い畑の場合は20㎝以上の高畝とします。畝を立てる時に、土に殺虫剤の粒剤を混ぜておきましょう。

畝の準備

畝の準備
スターガード粒剤

スターガード粒剤

POINT3タネまき

通常は株間25㎝として1カ所に3~4粒播種します。間引き時の作業がしやすいように種同士は少し離してまくとよいでしょう。タネまき後は土をかけ、軽く押えて水をかけましょう。

タネまき

タネまき

POINT4間引き

本葉の枚数が3~4枚の時に1カ所2本立ちにし、本葉が5~6枚になったら1カ所1本立ちにしましょう。間引くコツは、他と違う株を間引くことと、残す株の大きさが同じになることです。間引き菜はおいしく食べることができます。

間引き

間引き

POINT5追肥 、中耕、土寄せ

追肥は間引き後すぐに行うと順調な肥大につながります。肥料が葉の上にのらないようにまいて、軽く土と混ぜてください。土の表面が固まっている場合は軽く中耕を行って土をほぐすとよいでしょう。 また、間引きが終わった時に株がぐらついているようであれば、軽く土寄せをしてください。

追肥 、中耕、土寄せ

追肥 、中耕、土寄せ
味菜 根菜の肥料

味菜 根菜の肥料

POINT6収穫

追肥は間引き後すぐに行うと順調な肥大につながります。肥料が葉の上にのらないようにまいて、軽く土と混ぜてください。土の表面が固まっている場合は軽く中耕を行って土をほぐすとよいでしょう。 また、間引きが終わった時に株がぐらついているようであれば、軽く土寄せをしてください。

収穫

収穫

自分好みのダイコンを作ろう

品種いろいろのダイコンを収穫時期、用途、珍しさでご紹介。自分に最適な品種を見つけてください。

収穫時期で選ぶ

夏の翼

夏の翼

  • 10月中旬~11月中旬収穫

高温による生理障害の発生が少なく耐暑性に優れる。

秋の翼

秋の翼

  • 11月上旬~12月中旬収穫

肥大性と食味に優れたつくりやすいダイコン。

耐病総太り

耐病総太り

  • 12月~2月中旬収穫

栽培時期が長く作りやすいおいしいダイコン。

用途で選ぶ

珍しさで選ぶユニークダイコン

紅三太

紅三太

秋、冬、春の三季どりできるミニ赤ダイコン

紫師舞

紫師舞

きれいに色付く紫ミニダイコン

桃ほっぺ

桃ほっぺ

きれいに色付く桃色ミニダイコン

ページトップへ