タキイネット通販

ようこそゲスト様 ポイント数0pt

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

カート内
商品合計

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

基礎から覚える 果樹の受粉マニュアル

基礎から覚える 果樹の受粉マニュアル基礎から覚える 果樹の受粉マニュアル

「果樹を植えたのに、なかなか実がつかない…」。果樹の栽培で一番の悩みといえば、これでしょう。栽培環境によっては、虫や風など花粉を運ぶ媒体が少なく、自然受粉がうまくできなくて結実しないことも考えられます。ひと手間かけても受粉作業をするのが、確実に収穫を得る最良の手段。基礎知識から頭に入れて、受粉についてしっかりマスターしましょう。

果樹の受粉方法果樹別 受粉のポイント

果樹別 受粉のポイント

カキ 受粉樹を混植し、しっかり受粉する

いさはや カキには雌花と雄花が別々にあります。しかし雌花しかつけないものが多く、ほとんどで雄花をつけるものが受粉樹として選ばれており、それらを混植して栽培する必要があります。一方、カキには受精しなくても結実する性質(単為結果性)があり、これが種なし果です。さらに、これには品種により強弱があり非常に複雑です。
また、カキは受粉して種子ができますが(種子形成力)、品種によっては種子の入りやすいものと、入りにくいものがあります。この、単為結果性は強いが種子形成力が弱いものの代表が渋柿の"平核無"です。反して、甘柿"富有"の場合、単為結果性は弱いのですが、受粉すると種子形成力は強く、多くの種子が入ります。カキはこのように複雑な果樹ですが、結論からいうと、受粉樹をちゃんと混植し、受粉をしっかりと行ってやることが必要です。

雌花が咲いたら、つりがね状の雄花を摘み取り、綿棒や筆などに花粉をつけ、雌花の雌ずいにこすりつける。

カキ  受粉期/5月中下旬

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
渋ガキ 太天 1果約500gの巨大果。なめらかで緻密な果質で美味。 11月中旬 単為結果性はあるが、他の品種との混植が望ましい。
正月、
禅寺丸、太秋
愛宕 1果180〜200gで長楔形。土壌適応性が広い豊産種。 11月中旬〜
12月
大西条 1果200〜250g。 脱渋が簡単で、醂柿、干し柿に向く。 10月中旬〜
11月上旬
甘ガキ いさはや 1果約450gの巨大果。若木のころから実がつきやすい。 10月下旬
宗田早生 1果250〜350g。果肉は緻密で甘い。 10月上中旬
甘秋 1果約250gで、緻密な果肉で最も甘みが強い品種。 9月下旬〜
10月中旬
花御所 1果約200gで、多汁で甘みが強い。鳥取の特産品。 11月下旬〜
12月上旬
正月 1果250g前後。貯蔵性に優れた不完全甘柿。 さまざまな品種の受粉樹としても最適。 11月中下旬 禅寺丸、太秋
太秋 1果約380gのジューシーな大玉。ナシに似たシャキッとした食感。 11月上旬 正月、禅寺丸
カキのおすすめ品種はこちら

クリ 受粉樹を2品種以上混植するのがおすすめ

高見甘早生 クリの花は穂になって咲くので花穂と呼んでいます。花穂には雄花だけをつける雄花穂と帯雌花穂と呼ばれる雌花と雄花を両方つける2種があります。雌花は結果母枝の頂芽とそれに続く2、3芽から発生した枝(結果枝)の先端に近い花穂の基部に1〜4個つきますが、それより下に咲く花穂はすべて雄花穂です。雌花には3個の子房があり、真ん中の子房が先に生長し、その後両脇が伸びてきて受粉・受精を行います。ただし、クリは同じ品種の受粉では結実しない自家不結実性なので、受粉樹を混植する必要がありますが、1品種だけでなく2品種以上あったほうがよく、収穫期の異なる、早生、中生、晩生品種からそれぞれ1品種ずつを選んで栽培するのがおすすめです。  もうひとつ、クリには日本グリと中国グリがありますが、中国グリの結実のために日本グリを受粉樹にすると、中国グリでも渋皮が剥きにくくなることも覚えておくとよいでしょう。

クリの雌花。

開花期のクリ。クリの場合はそばに受粉樹を混植し、風によって受粉させる。

クリ  受粉期/6月

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
傍士360号 1粒約10g。渋皮がむけやすく、甘くておいしい中国栗。 10月中下旬 他の品種との混植が必要。 できれば2品種以上がよい。
銀寄
高見甘早生、
紫峰、銀寄
高見甘早生 1粒約25gで粒揃いがよい。 早生で収量も安定し栽培しやすい。 9月中下旬
9月下旬〜
紫峰、銀寄
銀寄 粘質で甘みが強い晩生代表品種で、1粒約25gの豊産種。 10月上旬 高見甘早生、
紫峰
ぽろたん 「丹沢」を親に持ち、加熱するとポロッと渋皮がむける日本栗。1粒約30gの大栗。 9月中下旬 高見甘早生
美玖里 1粒約28g。粉質で甘み強く、 ほくほくした食味のよい品種。 「丹波栗」として有名で、1粒25〜30g。 9月下旬 高見甘早生、
紫峰
大丹波 「丹波栗」として有名で、1粒25〜30g。 粉質で甘み強く、香りもよい。 10月 1本でも実がなるが、他の品種と混植するとより実つきがよい。 高見甘早生、
銀寄
クリのおすすめ品種はこちら

リンゴ 三倍体品種は受粉樹に用いないよう注意

つがる姫 日本で栽培されているリンゴのほとんどが同じ花粉では受粉しても結実しない自家不結実性の品種です。したがって、受粉樹となる別の品種を混植しなければなりません。また、通常のリンゴ品種は体細胞数が34ですが、"陸奥"や"ジョナゴールド"などの一部品種では、体細胞数が51であり、これらは三倍体品種と呼ばれています。これらの品種は、花粉の発芽率が悪く、受粉親和性も非常に低いので、これらの品種を受粉樹に用いることはできません。
リンゴの開花時期は4月下旬からとなるので、比較的気温も高い時期になり訪花昆虫の動きも活発ではありますが、年によっては気温が非常に低く、それによって結実の悪いことがあります。また、開花中の長雨や強風も結実率を低くする要因となります。特に、気象条件が不順な年には、人工授粉をするのがよいでしょう。

開花したら3日以内に花と花を軽くこすりつけて受粉する。

リンゴ  受粉期/4月下旬〜5月上旬

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
ファーストレディ 1果約300g。歯触りがよく、 甘みと酸味のバランスがよい。 8月下旬〜
9月上旬
他の品種との混植が必要。 あいかの香り、
つがる姫
シナノゴールド 1果約300gの黄皮種。 ジューシーで甘みと酸味のバランスが抜群。 10月上中旬 アルプス乙女
つがる姫 1果250〜350g。 「つがる」よりややしっかりした肉質で糖度が高い。 8月末〜
9月上旬
アルプス乙女、
つがる姫
あいかの香り 1果400〜500gと大きく、蜜入りが非常に多い人気種。 日もちもよい。 11月上中旬
アルプス乙女 「ふじ」と「紅玉」の交配種で、 1果25〜30gのミニリンゴ。 10月中下旬 1本で実がなる。 他の品種の受粉樹にも最適。  
リンゴのおすすめ品種はこちら

サクランボ 違う品種の花粉でも同じ品種群では交配しない

暖地桜桃 一般的にいうサクランボとは甘果オウトウを指します。これら品種の多くが同じ花粉では結実しない自家不結実性なので、受粉樹を混植する必要がありますが、サクランボでは、同一のS遺伝子型をもつ品種同士は交配不和合性となり、受粉しても結実しないことが知られています。そのため、混植する品種の組み合わせには注意が必要となります。下記に主要品種の同遺伝子型を示しましたが、同グループ内の仲間同士では結実はしません。また、開花時期が微妙に違っても受粉がうまくいかないので、開花のずれが品種間で2日程度で済むような混植の組み合わせを選択することも重要です。これと比較して、昔から家庭園芸品種として知られている"暖地桜桃"や"ステラ"、"スタークリムソン"などは自家結実性が高いので、今後も家庭園芸用の品種としておすすめです。

開花したら3日以内に
花と花を軽くこすりつけて受粉する。

サクランボ  受粉期/5月下旬

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
紅秀峰 1果8〜10gの大玉豊産種。多汁で濃厚な甘みがある。 7月上旬 同じS遺伝子型を持たない 品種との混植が必要。 さおり、
紅きらり
紅香 1果9〜12gと大玉で、種が小さく多肉で 食べ応えがある。濃厚な甘さに適度な酸味があり美味。 6月中旬 紅きらり
さおり 1果約10gの大玉で、糖度も高く、赤く美しい。 6月中旬 1本でも実がなりやすいが、 できれば他の品種との 混植が望ましい。 さおり、
紅きらり
紅きらり 1果約9g。 糖度は高めだが、さっぱりした甘さでおいしい。 6月中下旬
ステラ 1果6〜7g。暖地でも育てやすく、家庭園芸に最適。 6月中下旬 自家結実性が強い。 花粉が多く、受粉樹にも向く。  
暖地桜桃 育てやすい強健種で家庭園芸に最適。 1果3〜5gの実がたくさんなる。 暖地で
6月上旬
自家結実性が強い。  
サクランボのおすすめ品種はこちら

ウメ 2種以上の受粉樹を混植し、開花期を長く保つ

紅さし ウメは自分と同じ品種の花粉では受粉しても受精しない自家不結実性や、ある交配の組み合わせでは違う品種であっても受精しない他家不親和性が多く見られる果樹です。自家不結実性はほとんどの主要品種が当てはまりますが、'花香実'、'紅さし'、'藤五郎'、'林州'などでは同じ品種の花粉でも比較的結実します。
一方、他家不親和性の強い'南高'や'改良内田'などの品種は、他の受粉樹としての効果はありますが、逆にある一定の品種以外の花粉ではほとんど結実をしないといった現象が現れます。このような品種では、親和性の高い受粉樹の植え付けが必須になります。
ウメの場合、受粉樹は1品種にこだわらず、2品種以上を植え付け、開花期を長く保ち、低温による傷みや不完全花の発生があっても、受粉が安定して行われるようにする必要があります。

開花したら3日以内に花と花を軽くこすりつけて受粉する。

ウメ  受粉期/2月〜3月上旬

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
翠香 1果約35g。マンゴーのような芳香が特長で、 梅酒などの加工に最適。 6月下旬 他の品種との混植が必要。
選抜南高、
紅さし、花香実
露茜 スモモとウメの交配種で、1果約70gの極大果。 果汁が多く、色も美しいので、梅酒やジュースにも向く。 7月中旬 花香実
選抜南高 本場紀州を代表する南高梅の選抜種。 1果20〜25gで、肉質もやわらかい。 6月中旬 小粒南高、
白加賀、花香実
紀州大粒小梅 小梅といえども1果約8gと果実は大きめで果肉も厚い。 5月中旬〜
6月上旬
自家結実性はあるが、 他の品種との混植が望ましい。 選抜南高、
花香実
紅さし 1果20〜25gの中梅。 美しい紅色実で梅干し、梅酒に最適。 6月中下旬 花香実
花香実 1果約20g。 花は美しい桃紅色の八重咲きで庭木にもおすすめ。 6月中旬 選抜南高、
紅さし
ウメのおすすめ品種はこちら

スモモ 開花後5日くらいの受粉が効果的

市成 日本のスモモでは多くの品種が、同じ花粉では受粉しても結実しない自家不結実性を持っています。しかも、スモモは単純に受粉樹として他の品種を混植しただけでは、受粉しても結実しない組み合わせ(交配不親和)もあり、交配親和性の高い品種間の組み合わせが必要となります。ただ、最近紹介されている'貴陽'や'秋姫'、'ハニーローザ'といった品種には、赤葉のスモモ品種'コチェコ'が受粉樹としての効果が高いといわれています。昔ながらの品種では、'ソルダム'や'スターキング'といった品種が受粉樹として有効です。
スモモの花粉は貯蔵性が高く冷蔵庫で2カ月以上は保存が利くので、開花時期の大きく異なる品種を栽培する場合には、貯蔵花粉を利用し毛ばたきを用いた受粉が大変有効です。スモモの花の受精能力は開花から花弁が落ちるまで有効ですが、開花後5日目くらいがもっとも効果的だといわれているので、この時期を見逃さないことも結実安定の大きな要因となります。

開花後5日目くらいに花と花を軽くこすりつけて受粉する。

スモモ  受粉期/3月下旬〜4月

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
秋さやか 1果約120g。糖度が非常に高く、作りやすい品種。 9月下旬〜
10月上旬
自家結実性がないため、 受粉樹の混植が必要。 プラム井上、
コチェコ
貴陽 1果約200gの巨大果で、糖度が高い人気種。 生理落下も少ない。 8月上中旬 コチェコ
秋姫 1果150〜200g。甘み、酸味ともに強く濃厚で美味。 250gの大玉になる実もある。 9月上中旬
キング 黄皮、黄肉の早生種。 1果約35gと小ぶりながら甘みが強い。 6月下旬〜
7月上旬
コチェコ 1果70〜80gの豊産種で、他の受粉樹としても向く。 美しい銅葉種で観賞価値も高い。 7月上旬 1本でも結実するが、 混植したほうがよい。
ソルダム、
スターキング、
マンチュリアン
プラム井上 1果90〜120g。糖度が高く、非常に食味がよい。 6月中下旬 コチェコ
マンチュリアン 淡黄緑皮で淡黄色の果肉。1果70〜90g。 甘みが強く、ジューシーでおいしい。 7月中下旬 コチェコ
市成 1果約100g。ジューシーで甘みが強く美味。 8月下旬〜
9月上旬
コチェコ、
ソルダム
スモモのおすすめ品種はこちら

アンズ 結実の不安定さを受粉樹の混植でカバー

サニーコット アンズはウメに続き3月中旬から4月上旬に開花します。このような開花の早い果樹では不完全花となり、受粉しにくく、受粉しても受精しにくくなります。また、花弁が異常であると昆虫の飛来が少ないので、受粉が安定せず、結実が少なくなります。こうなる原因としては、花芽分化後の養分不足や凍害が原因となるので、注意が必要です。開花中の気温が15℃以下でも花粉の発芽が抑えられるので、結実が不安定になります。訪花昆虫も12℃以下になると動きが悪くなり受粉作業に支障があります。
このように、開花しても必ず結実するとはいえない要因が多々あるのがアンズです。したがって、基本的には自家結実するアンズといえども、受粉樹を混植しないと結実は不良になる可能性があるので必ず混植をするようにします。

開花したら3日以内に花と花を軽くこすりつけて受粉する。

アンズ  受粉期/3月下旬〜4月上旬

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
おひさま 欧州種と在来種の交雑種で、1果110〜120gと大実。 緻密な肉質で甘みも強くジューシーで美味。 6月下旬 1本でも結実するが、 混植したほうがよい。 他のアンズ品種、 また遅咲きの ウメか早咲きの スモモでもよい。
信州大実 欧米種と在来種の交雑種で、1果70〜120gの晩生大果。 適度な酸味で生食、加工どちらにも向く。 7月中旬
アンズのおすすめ品種はこちら

プルーン 同じ時期に開花する受粉樹を選択

フェーレンブルグ  プルーンの品種には、同じ花粉で結実する自家結実性のものと、結実しない自家不結実性のものがあります。このような品種では、交配親和性のある品種を混植する必要があります。プルーンの開花時期は早いものから遅いものの間に1週間ほどのずれがあるので、自家不結実性品種を育てる場合は、同じ時期に開花する品種の選択も重要です。
受粉樹は全体数量の30%の割合で植え付けるよう にします。もちろん、家庭園芸で少ない本数でも最 低1本は必要です。受粉樹として最適なのは一般的 には開花時期が早く、交配親和性の強い"シュガー"です。


開花したら3日以内に花と花を軽くこすりつけて受粉する。

プルーン  受粉期/3月下旬〜4月上旬

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
ベイラー 1果約60g。糖度が高くジューシーで美味。 豊産種で作りやすい。 9月中下旬 他の品種との混植が必要。 スタンレイ
スタンレイ 1果40〜50gの作りやすい豊産種。 濃紫色の果実は甘くジューシー。 8月下旬〜
9月上旬
単為結果性はあるが、 他の品種と混植したほうが 実つきがよくなる。 シュガー、
バーバンクグランドプライズ
フェーレンブルグ 1果30〜40gで、果汁が多く、非常においしい。 ほどよい樹の大きさで実をつける。 8月下旬〜
9月上旬
プルーンのおすすめ品種はこちら

キウイフルーツ 属を確認し、それにあった受粉樹を混植

香緑 キウイフルーツといえば果肉の青いものが当たり前でしたが、最近では赤や黄色のほか、レインボー色などというものも出回るようになりました。最近の新しく果肉色の違う品種群は学名Actinidia chinensisに属するもので、これまでの主体だったA.deliciosaとは違う属のものです。両属とも、雄花と雌花が独立して咲くので必ず雌雄の混植が必要ですが、属が異なると受粉しても結実しないので注意が必要です。A.chinensisには'孫悟空'や'ロッキー'を、A.deliciosaには'マツア'や 'トムリ'が受粉樹として必要です。
大きくて美味しい果実を収穫するには、開花直後の雄花を手にとって直接受粉させることを数回繰り返すことが有効で、これまでの自然受粉と比較して格段に見事な果実を収穫することができます。


開花したら3日以内に花と花を軽くこすりつけて受粉する。

キウイフルーツ  受粉期/5月中旬〜6月中旬

品種名 特長 収穫期 受粉のポイント 適した受粉樹
イエロージョイ 1果130〜150g。酸味が少なく、甘い黄肉品種。 10月中旬 雌木のため雄木が必要。 ロッキー
香緑 1果約100g。果肉の色が濃く、甘みも強い。 豊産性で家庭園芸に向く。 11月 トムリ
キウイフルーツのおすすめ品種はこちら