トップ > 野菜タネ > 五十音順から選ぶ > レタス
|1|
レタスはキク科の代表的な野菜で、中央アジアおよび中近東から、地中海沿岸地帯が原産地と推定されており、今や世界各地で栽培されています。サラダ用野菜として、最も重要な品目だといえるでしょう。栄養的には、カリウムなどのミネラルやビタミン、食物繊維を、量は少ないのですがバランスよく含んだ野菜です。

栽培の歴史は古く、古代エジプト、ギリシャ、ローマでも野菜として栽培されていました。当時のレタスは今でいうカキチシャの仲間で、現在の玉レタスが登場したのは16世紀以降です。日本には、1000年以上前に中国よりカキチシャが伝来し(『和名抄』923~930年)、明治時代には欧米から玉レタスが導入されました。