トップ > 草花の苗 > 山野草(宿根草)

山野草(宿根草)

|1|23[次へ⇒]

山根草の特徴

山根草(宿根草)の特徴は「一度植え込めば毎年植え替える必要がない」「種類が多く、草姿や性質にも多様な個性がある」、「季節感にあふれ、情緒あるものが多い」などたくさんの長所があげられます。 山根草(宿根草)が日本で育ちやすい理由として、日本の気候があります。日本の気候は、寒暖の差は大きくても湿潤なために、タネや球根の形で休眠しなくても十分しのぐことができ、そのために宿根草が多く育ったといえます。 主な品種として、花の少ない夏季に、太陽をイメージさせる濃黄色の八重咲き花が豪華に咲く強健種の「ロドンゴールド」、アメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種で、とても強健な「タイタンビカス」などがあります。