タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

防寒資材

冬の野菜栽培に欠かせない おすすめ!防寒資材

防寒資材の種類と用途

寒さに比較的強い野菜でも、凍るような寒さのもとでは生育がとどこおり、葉が傷んだり、枯れたりします。また、冬越しするエンドウやソラマメなども、霜に当たると株が傷みやすくなります。そこで活躍するのが防寒資材です。
露地で用いる防寒資材には、ビニールやポリエチレンフィルム、不織布などがあります。寒冷紗(かんれいしゃ)も霜よけとして使用できます。 防寒資材を使うと、冬の時期に、ホウレンソウやシュンギク、コマツナ、レタスなどの葉菜類や、ダイコン、カブ、ニンジンなどの根菜類の栽培ができます。また、一般的な栽培時期よりも早く栽培したり、遅く栽培したりすることも可能です。
ただし、防寒資材での保温にも限度があります。ビニールトンネルなどでは昼間の温度は高くなりますが、夜間は外気温と同じくらい低くなるので注意が必要です。

マルチング資材

畑の地面を覆うことを「マルチング」といいます。
マルチ資材にはいろいろな種類がありますが、寒い時期には地温を上げる効果があるポリ(ポリエチレンフィルム)を使用します。ポリには透明や緑色、黒、黒に銀線入り、白と黒のリバーシブル、シルバーなどがありますが、冬季は、地温が上がりやすく、雑草の発生を抑える効果のある黒マルチが適しています。ホウレンソウやタマネギなどの葉菜類の畑には、あらかじめ穴のあいた「穴あきマルチ」が便利です。黒マルチは保温と防草効果を兼ね備えているので、初心者にもおすすめ。

マルチの種類と主な効果

透明地温が上昇しやすい反面、光を通すので雑草が出やすい。
緑色地温上昇は透明と黒色の中間。雑草は出にくい。
黒色透明、緑色フィルムに次ぐ地温上昇率。光を通さないので雑草抑制効果が高い。
銀線入り黒色黒色と同様の効果。銀線は光を反射するので、光るものを嫌うアブラムシよけの効果がある。
白黒
(リバーシブル)
目的により表裏を使い分けられる。
白を上にすると地温上昇を抑制する。
シルバー地温上昇を抑制する。アブラムシよけの効果がある。

ポリマルチは、地面とフィルムの間の隙間が多いと風でバタついてはがれやすくなるので、畝の表面をきれいにならし、平らにしてから張るのがコツ。

防寒用被覆資材

栽培する作物や気温などにあわせて、使用する資材を選びます。
保温シート類に比べて効果は劣りますが、不織布や寒冷紗も防寒に使用します。
例えばレタス、コマツナ、ホウレンソウなどの寒さに強い葉菜は不織布や穴あきの保温シートを、エンドウ、ソラマメなどの寒さに強い果菜は霜よけ用に寒冷紗を使用します。ダイコン、カブ、ニンジンなどの低温に感応して花芽ができる野菜は、保温性の高い穴なしの保温シートを使用するのが一般的です。

不織布

不織布はポリプロピレンの繊維を織らずに圧縮してシート状にしたもの。保温効果や霜よけ効果があり、透光性も高いので、冬季は葉菜や根菜栽培などのベタかけやうきがけ、トンネルがけなどに使用されます。軽く扱いやすい反面、風で飛ばされやすいので、マルチ押さえや土などで地面にしっかり固定します。不織布は素材が軽いので、作物の上に直接かぶせて使用できる。

ホウレンソウの上に不織布をかけて防寒。

寒冷紗

寒冷紗は遮光や防寒、防虫などに使われる網目状の布のこと。いろいろな目合い(目の大きさ)のものがあり、細かい方が防寒効果は高い反面、通風や透光性が悪くなります。寒冷紗より防寒効果は低いものの、防虫ネットも霜よけとして使用できます。寒冷紗には白色と黒色があるが、冬は透光性の高い白色を使う。

軽くて丈夫な寒冷紗。作物の上にトンネルがけするのが一般的。寒冷紗よりも透光性が高い防虫ネット。防寒効果は寒冷紗より劣るが、軽い霜よけとして利用可能。

保温シート類

保温シートにはビニール、農PO(のうピーオー)、農酢(のうさく)ビなどがあり、主に畝の上にかぶせたり、トンネルがけしたりして使用します。 トンネル内が高温・多湿になりすぎないように、無数の小さな穴をあけたものや、直径5cmほどの穴を一定間隔にあけたものなどもあり、春先に気温が上がった際に、換気の手間が省けるなどのメリットがあります。トンネル内の降霜を避けたい時はビニールを、霜が降りても問題ない時にはポリを使う。農PO、農ポリの場合、厚みによって保温性はさほど変わらない。作業性や耐久性、価格などを考慮して選ぶとよい。

保温シート類の種類と用途

ビニール
(塩化ビニール・塩ビ)
保温効果が高いので厳寒期の栽培や寒さに弱い野菜に向く。低温でかたくなり、やや扱いにくい。
農PO
(ピーオー:ポリオレフィン系特 殊フィルム)
低温でもかたくならない、べとつかない、軽いなどの特長がある。穴あきタイプもある。耐用年数はビニールより長い。
農酢ビ
(農酢ビニール)
光線透過は優れているが、保温性がビニールや農POより劣る。安価で汚れにくい。
農ポリ
(農業用ポリエチレンフィルム)
べとつかない。汚れにくい。軽く、薄い。安価。穴あきもある。霜に対しての効果はほとんどない。

穴あきの保温シートを使用してトウモロコシを栽培した例。保温シート(農PO)をトンネルがけした栽培例。保温シートは畝をまたぐようにトンネル支柱を刺し、骨組みをつくってそこへかぶせて使用する。

防寒資材を使ってみよう!

トンネル用支柱を畝をまたぐように刺し、不織布や寒冷紗、保温シートなどで作物を覆うことを「トンネルがけ」といいます。

畝をまたぐように、トンネル用支柱を50cm間隔に刺していく。

トンネル用被覆資材の片方の端を固定する。
もう一方を引っ張ってピンと張り、同様に固定する。

被覆資材が風で飛ばないように、
上からひもやトンネルバンドなどを渡して補強する。

保温効果をさらに高めたい時は、
被覆資材のすその部分を土で埋める。

ベタかけ

支柱を使わず野菜に直接不織布などをかけることを「ベタかけ」といいます。ベタかけは霜よけや保温・保水効果のほか、防風効果もあります。

タネまき(植え付け)後、または生育中に、
畝全体を覆うように被覆資材をかぶせる。風で飛ばされないように、
周囲を留め具などで留めるか、土をかぶせて固定する。

うきがけ

トンネル用支柱を使い、野菜と被覆物の間に余裕をもたせる「うきがけ」という方法もあります。

不織布を使ったうきがけ。ある程度草丈が伸びてきても
生育をじゃましないのがメリット。

1.2月ごろ、1m²当たり完熟堆肥(たいひ)2kg、有機入り化成肥料(チッソ、リン酸、カリの比率が各8%)を150gまいて土づくりをし、畝を立てる。

2.黒マルチを張り、10〜15cm間隔に穴をあけ、1カ所に3〜4粒ずつタネをまく。

3.覆土(ふくど)後はたっぷり水やりし、保温シートをかけて密閉する。

4.発芽後、本葉5〜6枚までに数回間引いて1本立ちにする。日中、トンネル内の温度が30Cを超すようになったら、保温シートに直径5cmほどの穴をあける。初めは少なめに、温度の上がり具合を見ながら徐々に多くする。

5.最終間引き時に1m²当たり50gの有機入り化成肥料を追肥する。3月下旬から収穫がスタート。根の直径がミニニンジンは2〜3cm、小カブは5〜6cmになったら引き抜いて収穫する。

黒マルチを張り、10〜15p間隔に穴をあけ、タネをまく。水やり後、トンネルをかける。生育中、土が乾いたらトンネルのすそをあけて水やりをする。

麻生 健洲
千葉大学園芸学部卒業後、農業高校で園芸や生物工学などを指導する。退職後は、書籍の執筆や監修などをするかたわら、家庭菜園を楽しむ。生け花や絵画、写真など多彩な趣味をもつ。著書に「だれでもできる ベランダで野菜づくり」(家の光協会)などがある。
ブログ(ポタジェ)http://potager.jp/