タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

ヘッドガーデナーの庭仕事ダイアリー チューリップ

ヘッドガーデナーの庭仕事ダイアリー 春の主役、チューリップ

チューリップ おすすめ商品はこちら

今年の春の庭を見ながら来春の計画を立てる

「アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン」の見どころの一つといえるのが、チューリップが主役の春の景色です。チューリップといえばオランダのキューケンホフ公園が有名ですが、ムスカリやヒヤシンスなどと一緒に地面を色彩で埋め尽くすキューケンホフの花壇とは異なり、「A&Wボタニックガーデン」ではチューリップが咲くナチュラルな景色づくりをコンセプトにしています。毎年4万球もの球根を植え付けますが、ちょうど花期を迎えた花木や春の草花と美しく融合するようなレイアウト、品種選びを心掛けています。
では、いつ、次の春に咲かせる品種を決めるのか?じつはその春に咲いている景色を毎日眺めながら、すでに頭の中では来春のことを考えているのです。「ここはもう少しボリュームを増やそう」「こっちはボリュームダウンだな」など球根の球数について考えたり、「ここにはもう少し花が大きな品種が欲しい」「花色がもう少し鮮やかな方がいい」と具体的に品種の検討をしたり、また開花時期についても見直したり。それを書き留めたメモを見つつ、球根のカタログをチェック。8月にはすでに品種を決めてオーダー済みという具合です。
チューリップの品種選びで一番大切なのは、庭のコンセプトにあうものを選ぶこと。「かわいい」「元気」「エレガント」「シック」など、庭のコンセプトに合致するものを選び、さらにいつ咲かせたいのかを考えて開花時期を選びます。カタログを見ながら「これかわいい!」とその場の気分で選ぶと、庭全体を見た時に統一感がなくなることも多いので気をつけてください。

 

チューリップでナチュラルな景色をつくるポイントは?

まずは植物の組みあわせをちゃんと考えること。春に咲く花木と組みあわせれば、視線が高くなって視野が広がるので、よりスケールの大きな景色を楽しむことができます。また、チューリップの開花初期には葉がまだ小さく、どうしても地面が見えがちです。美しい花色の中に土色が交じると、景色の美しさにとってはマイナス要因。カラーリーフや小花をグラウンドカバーに利用すれば、土色を消し去り、同時に花色とのコーディネートからより個性的な景色をつくることができます。
ナチュラルに見せたいなら、球根のレイアウトにも工夫が必要です。ポイントは同じ品種をグルーピングして植えること。小さな庭でも25〜30球程度のグループにして植えるのがおすすめです。塊で咲かせることで、より花色や花形を際立たせることができ、庭での存在感も大きくなります。
そしてどこにどの品種を配置していけばいいか。これは少し難しいのですが、一つルールを覚えておくとよいでしょう。キーワードは「関係性」です。隣あう品種には、花色が同じ、もしくは花色の一部に同じ色がある、または一重、八重、ユリ咲きなど花形が同じ、という関係性をもたせること。このルールで並べていけば、それぞれのグループにつながりが生まれ、流れるような景色が生み出せます。
チューリップは宿根草などと違い、毎年リセットできるのも魅力です。気に入った品種は定番とし、それに新たな品種を加えることで、新鮮な印象に庭を変えて楽しんでみてください。カタログで選んだ品種が、実際に咲いたら予想以上にすてきだったりすると本当にうれしいものです。

ナチュラルに咲かせる球根の植え付け方

春に咲く花木と組みあわせて

右上/4月下旬に開花するビバーナム「カルセファーラム」とチューリップの小径の風景。ビバーナムとすぐ隣の紫葉のメギは毎年固定の色。その色にあわせて濃ピンクに白覆輪のチューリップ「クラウディア」を配置し、そこから白系のチューリップに流れるようにしている。「クラウディア」の花期は4月下旬で、ビバーナムの開花とあう。左上/4月中旬から繊細な白い花を咲かせるジューンベリー。カスミソウの花束のようにふんわりした花の下には、庭を引き締めてくれるストロングカラーのチューリップを配置。手前の朱赤×茶の2色咲きが「ブラウンシュガー」、奥のオレンジ色の濃淡が「アペルドーンエリート」。どちらも4月中旬が花期で毎年ジューンベリーと開花が揃う。左/鮮やかなマゼンタ(赤紫)の繊細な花を枝が隠れるほどに咲かせる「キクモモ」。ここは「アナガーデン」という庭で、アナという小さな女の子をイメージした植栽。チューリップもそのイメージにあうようピンクと赤をセレクトし、白いスイセンをプラス。「キクモモ」の開花にあうよう早生〜中生のチューリップを選んでいる。ジューンベリーはバラ科の落葉高木で4月中旬〜5月中旬に白い花を咲かせる。サクラに比べると地味な花だが、切り花アレンジにおけるカスミソウのように庭にふんわりした雰囲気をもたらしてくれる。6〜7月にかけては食用にもなる赤い実がなり、秋には紅葉も楽しめる。

関係性のある配置が流れを生む

チューリップは同じ品種を25〜30球ほどの塊で植えていくが、隣りあう品種は花色が同じ、花形が同じなど、何かしら関係性をもたせるように選ぶと、咲いた時につながりが生まれる。右下は花色を白からクリーム色に統一し、ユリ咲き、フリンジ咲きと花形を変えて流れに変化をつけている。左下はオレンジ系の一重咲きとユリ咲きの組みあわせ。左は白に濃ピンクの斑が入る八重咲きから、手前は白系、奥はピンク系に色をつなげている。隣あう品種が咲き揃わないと美しい流れが生まれなくなるので、開花時期も考慮して品種選びをすることが大切。白×濃ピンクの八重咲きは「シャーリーダブル」。すぐ下の白いユリ咲きは「サッポロ」。「シャーリーダブル」のすぐ上、ピンクと白の2色咲きは「ダイナスティー」。その上の赤に白の覆輪は「リーンファンダーマーク」。朱赤と茶の2色咲きは「ブラウンシュガー」、朱赤のユリ咲きは「アラジン」。中生の「ブラウンシュガー」が先に咲き出し、「アラジン」が追う。純白の美しいフリンジ咲きは「デイトナ」。クリーム色に淡い緑の縦縞が入るユリ咲きは「スプリンググリーン」。白からクリーム色のユリ咲きは「サッポロ」。
インパクトの強い赤を中心に置いて白へ、ピンクへと色をつなげると、華やかで大人っぽい流れが生まれる。赤のユリ咲きは「プリティウーマン」、赤の八重咲きは「ナボナ」。下の方に咲く白と赤の2色咲きは原種系の「ペパーミントスティック」。

チューリップの足元を色で埋める

チューリップの花色をちゃんと考えて選んでも、間に地面の色が見えると色のつながりが途絶えてしまうことも。秋の球根の植え付け時に一緒にパンジーやビオラを植えて、足元が隠れるようにするのもおすすめ。また、個性的なカラーリーフや春の花を利用すると、今までのチューリップ花壇にはない新鮮な印象が楽しめる。右上/フレッシュな緑色が美しいクサソテツを背景にすると、チューリップの花色がより引き立つ。手前の紫に白の覆輪は「シナエダブルー」。奥のピンクの八重咲きは「マデロン」。左上/チューリップでエキゾチックな景色をつくりたくて選んだホットな色あわせ。ホットとは温度が高いという意味ではなく、濃度が濃いという意味で、庭づくりではよく使われる表現。紫葉のヒューケラにあわせ、紫と黄色の二色咲きのチューリップ「ガボタ」を植え、奥には黒紫の「クイーンオブナイト」を植えた。左/チューリップの足下をカバーするのにおすすめの草花がユーフォルビア キパリッシアス。ちょうどチューリップの花の下で黄緑色の小花がふんわり咲いて、フレッシュな景色が楽しめる。ピンクのチューリップは「ハッピーファミリー」。トウダイグサ科の宿根草、ユーフォルビアには大型のものから小型のものまでユニークな株姿の種類がたくさんある。キパリッシアスは草丈が30p程度と小型で、花も小さく愛らしい。葉が松葉に似ていることから「マツバトウダイ」の和名でも知られる。花の時期を過ぎると庭を訪れた方から「これはスギナ?」と聞かれることも多いのだが…。
チューリップ おすすめ商品はこちら
福森 久雄
福森 久雄千葉県生まれ。北海道のガーデンで修行後、2002年より14年間「アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン」のヘッドガーデナーを務める。現在は新たな庭づくりに挑戦中。