タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

春まき葉物野菜のタネまきポイント

春まき葉物野菜のタネまきポイント

春まき葉物野菜おすすめ商品はこちら

栽培容易で間引き菜から利用できる優れもの

葉物野菜はタネまきから収穫までの期間が短く、間引きながら収穫を楽しめるのが魅力。栽培は比較的容易ですが、予期せぬ時期にトウ立ち(=抽苔)して収穫できないこともあるので、タネまき時期をきちんと守ることが肝心です。
早まきしすぎると低温によって生長点に花芽ができ、その後の高温と長日でトウ立ちするものも多くあります。ホウレンソウやシュンギクは長日条件で花芽ができやすいので、夏にかけての栽培では春まきに適したものを選ぶなど、品種選びに注意が必要です。

マルチやトンネルなど資材を上手に活用しよう

寒い時期の栽培ではマルチをしたり、トンネル、ベタがけ資材を使い保温すると早まきが可能となります。
タネを条状にまく条まきや、クワ幅で溝をつけて土の表面全体にばらまくバラまきがあります。また、1穴に数粒ずつまく点まきなら、タネが節約できます。さらに、初めから穴の開いている穴あきマルチを使って点まきすると作業の効率化が図れます。

春まきで気をつけたい病害虫の被害と対策

害虫の侵入を防ぐことができる防虫ネットを、トンネル状にかける栽培法。アブラナ科などの野菜の連作は土壌伝染性の病害の発生を助長するので、他の科の野菜との輪作を心掛けます。また健全な土壌を維持することでも病害の発生は抑えられるので、有機物や石灰資材の施用を適正に行います。
害虫防除のためには、防虫ネットや不織布(ベタがけ資材)などのトンネルがけが有効です。その際、害虫などの侵入を防ぐため、資材のすそにすき間ができないようにするのがポイントです。

春まきで気をつけたいトウ立ちの理由と対策

トウ立ちしたチンゲンサイ。春まきでは、早まきして寒さに当たるとトウ立ちすることがある。日中の気温が13〜14℃になってからタネまきするとよい。温度が十分に上がる前にタネまきすると、低温の影響で花芽が分化します(ホウレンソウなど、長日条件で花芽分化するものもある)。生長点が花芽になると新たな葉の展開は望めません。一度花芽が分化すると、その後は高温と長日条件で花芽が生長しトウ立ちしてきます。トンネルを使って日中高温にすることで、花芽の分化を回避する方法もあります。

ホウレンソウ

春まき
栽培
タネまき時期 3月中旬〜4月下旬
収穫時期   5月上旬〜6月上旬
ホウレンソウ

栄養豊富で栽培が容易な緑黄色野菜

β-カロテンや鉄分などの栄養素をバランスよく含む緑黄色野菜です。耐寒性が強く冬でも育てられる一方、高温に弱く、20℃以上になると発芽や生育が不良になります。日が長い季節はトウ立ちしやすいので、春からの栽培では晩抽性品種を選ぶのがポイント。酸性土壌では生育不良になるので、苦土石灰を多めに施して土づくりをします。

栽培方法

  • 1.土づくり、畝立て

    1u当たり苦土石灰200g、堆肥2s、化成肥料(チッソ:リン酸:カリ=10:10:10 ※以降同様)100gを散布して幅80pの畝をつくります。穴あきマルチの利用もおすすめです。

  • 2.タネまき

    畝と直角に15p間隔で深さ1pほどのまき溝をつけ、0・5〜1p間隔で重ならないようにタネをまき覆土します。穴あきマルチ使用の場合は、1カ所に3粒まきとします。

  • 3.間引き

    本葉が2枚ほど出たら2〜3pに、4〜5枚になったら6〜8p間隔に間引きます。この時、残す株の根元を手で押さえて根を傷めないようにします。

  • 4.追肥、土寄せ

    2回目の間引き時に1u当たり20〜30gの化成肥料を列間に施し、土の表面を中耕して株元に土を寄せておきます。

  • 5.収穫

    草丈25pほどで株元にハサミを入れ、切りとります。

コマツナ

春まき
栽培
タネまき時期 3月上旬〜4月上旬
収穫時期   4月下旬〜5月中旬
コマツナ

栽培期間が短く栄養豊富な緑黄色野菜

ツケナ類の代表種で、名前は東京の小松川に由来する葉菜です。耐寒性・耐暑性ともに強く、真冬を除けば年間を通じて栽培も可能。適応土壌の範囲は広く、連作障害も少ないため栽培は比較的容易です。
β-カロテンやカルシウムなどの栄養素も豊富。葉の形から丸葉と長葉がありますが、丸葉で葉の色が濃い品種が多く作られているようです。

栽培方法

  • 1.土づくり、畝立て

    1u当たり苦土石灰100g、堆肥1s、化成肥料100gを散布して幅80pの畝をつくります。

  • 2.タネまき

    畝と直角に10〜15p間隔で深さ1pほどのまき溝をつけ、0.5〜1p間隔で重ならないようにタネをまき、覆土して手のひらで軽く鎮圧します。

  • 3.間引き

    本葉2枚で3〜4pに、5枚で6〜7p間隔に間引きます。間引き菜は捨てずに料理に利用しましょう。

  • 4.追肥、土寄せ

    2回目の間引き時に1u当たり20〜30gの化成肥料を列間に施し、中耕して、風で倒れないように株元に土を寄せておきます。

  • 5.収穫

    15〜20pの草丈で収穫。株元から切りとり、枯れ葉を取り除きます。

シュンギク

春まき
栽培
タネまき時期 3月中旬〜4月中旬
収穫時期   5月中旬〜6月中旬
シュンギク

お浸しや鍋物に大活躍の緑黄色野菜

地中海沿岸原産でキク科に属し、ホウレンソウよりもβ-カロテンを多く含む緑黄色野菜です。葉の切れ込み具合が中程度の「中葉種」が主に栽培されます。土壌適応性は広く、栽培は有機質に富む砂壌土が最も適していますが、酸性土壌には弱いのでpH矯正してから作付けします。長日で花芽が分化してトウ立ちするので、6〜8月にタネまきした場合は、トウ立ち前に収穫するようにしましょう。

栽培方法

  • 1.土づくり、畝立て

    1u当たり苦土石灰100g、堆肥1s、化成肥料100gを散布して幅80pの畝をつくります。

  • 2.タネまき

    畝と直角に15pごとに板などでまき溝をつけます。タネが重ならないように0.5〜1p間隔で条まきし、覆土後は軽く鎮圧しておきます。

  • 3.間引き

    本葉2枚で3〜4pに、本葉5枚で10p間隔に間引きます。間引いた株も料理に使えます。

  • 4.追肥、土寄せ

    2回目の間引き後に1u当たり30gの化成肥料を列間に施し、中耕と土寄せをしておきます。

  • 5.収穫

    15pほどに伸びたら順次株元から切りとって収穫します。

ミズナ

春まき
栽培
タネまき時期 4月上旬〜5月中旬
収穫時期   5月下旬〜7月上旬
ミズナ

シャキシャキした食感でサラダにも最適

ミズナは地方により京菜、千筋京水菜とも呼ばれ、ミブナとともに関西を代表するツケナです。従来、浅漬けや鍋物としての利用が多かったのですが、近年では早めに収穫してサラダなどの生食での利用が増加しており、家庭菜園でも栽培しやすい野菜です。淡泊なイメージがありますが、β-カロテンやビタミン類を多く含みます。

栽培方法

  • 1.土づくり、畝立て

    1u当たり苦土石灰100g、堆肥2s、化成肥料100gを散布して幅80pの畝をつくります。

  • 2.タネまき

    畝と直角に10〜15p間隔で深さ1pのまき溝をつけ、0.5〜1p間隔で重ならないようにタネをまき覆土します。

  • 3.間引き

    本葉2〜3枚、本葉7〜8枚のころと2回ほど間引いて4〜5p間隔にします。生育の悪いもの、双葉が不整形のものを引き抜きます。大株にする場合は間引きながら株間を広げ、20〜30p間隔にします。

  • 4.追肥、土寄せ

    2回目の間引き時に、1u当たり化成肥料30gを列間に追肥し、土と肥料を混ぜ、株元に土を寄せて軽く押さえておきます。

  • 5.収穫

    20pほどに伸びたら収穫します。葉柄が折れやすいので慎重に取り扱いましょう。

チンゲンサイ

春まき
栽培
タネまき時期 4月中旬〜5月下旬
収穫時期   5月下旬〜7月上旬
チンゲンサイ

食卓にすっかり定着した中国野菜の代表

ツケナ類に分類され、肉厚で淡い緑色の葉柄とスプーン形の葉が特徴的。β-カロテンやビタミンC・Eを豊富に含みます。また冷涼な気候を好みますが、耐暑性も強い野菜です。根が細く深く伸びるので、耕土の深い肥沃な土地が適し、乾燥すると生育が遅れます。早まきは低温により花芽分化を引き起こし、その後の高温と長日でトウ立ちが促されるので注意します。

栽培方法

  • 1.土づくり、畝立て

    1u当たり苦土石灰100g、堆肥2s、化成肥料100gを散布して幅80pの畝をつくります。早まきの場合は穴あきマルチを利用すると生育が早まります。

  • 2.タネまき

    列間、株間ともに10pあけて、1カ所当たり3〜4粒のタネを点まきします。

  • 3.間引き

    本葉4〜5枚のころまでに2回間引き、1カ所当たり1株にします。

  • 4.追肥、土寄せ

    2回目の間引き時に1u当たり30gの化成肥料を追肥し、株元に土寄せして株をしっかり立たせます。

  • 5.収穫

    株元がしっかり膨らんできたら収穫適期。株元から切り落とします。

エンサイ

春まき
栽培
タネまき時期 4月下旬〜5月下旬
収穫時期   6月上旬〜9月下旬
エンサイ

暑さに強く夏の葉菜として役に立つ強健野菜

サツマイモの葉に似ており、茎が空洞の野菜です。地面を這うように伸びる茎や葉の先端を収穫します。葉にはぬめりがあり、茎にはシャキシャキとした歯応えがあります。β-カロテンとビタミンEを多く含みます。
多湿の土壌を好み、暑さに強く、盛夏でもよく生育しますが、気温の低下とともに育ちが悪くなります。

栽培方法

  • 1.土づくり、畝立て

    1u当たり苦土石灰100g、堆肥2s、化成肥料100gを散布して幅80pの畝をつくります。

  • 2.タネまき

    列間45p、株間30pをあけて深さ1pのくぼみをつけ、1カ所当たり3〜4粒のタネをまきます。

  • 3.間引き

    本葉5枚のころ、1カ所当たり1株に間引きます。

  • 4.追肥、土寄せ

    月に1回、1u当たり30gの化成肥料を畝の肩の部分に追肥し、土寄せします。

  • 5.収穫

    つる先15〜20pのやわらかい部分をハサミで切りとって収穫します。

春まき葉物野菜おすすめ商品はこちら
北条 雅章
北条 雅章1976年千葉大学園芸学部卒。現在千葉大学環境健康フィールド科学センター准教授。蔬菜園芸学が専門。監修書に「野菜の上手な育て方大事典」(成美堂出版)などがある。