タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

用途別検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

スイカ・メロン特集

スイカ・メロン特集
  • スイカの栽培方法メロンの栽培方法

過湿に弱いので排水のよい土壌で育てるメロン

生育特性

原産地は北アフリカとインドとされる高温性の野菜で、発芽適温は25〜30℃、生育適温は昼温25〜28℃、夜温18〜20℃で、降霜にあうと凍害を受けます。湿度が低く、昼夜の温度差が大きいと甘いメロンができます。露地栽培では、晩霜の危険がなくなり地温が16℃を超える時期に植え付けます。
土質は特に選びませんが、湿害に弱く、着果後30日以降に水分が過剰に吸収されると、果実の糖度が低下したり割れやすくなるため、排水のよい土壌が適します。適する土壌pHは6〜6.5で、日当たりのよい場所を選びましょう。

おすすめ品種

メロンには、果面にネットの出ないノーネット系と、ネットが出るネット系があります。ノーネット系では、病気に強くて作りやすく、果皮が乳白色の「かわい〜ナ」や、果重が1kgほどで白皮の甘みが強い「アリス」などがおすすめです。「かわい〜ナ」は果重が1個300gほどと小型で、1株から10〜20果収穫できます。整枝作業が容易で、収穫期を判定しやすい品種です。ネット系では、緑肉の「パンナ」などがおすすめです。ネットがきれいに発生し、果実は糖度が高く、日もちのよい品種です。

ノーネット系の「かわい〜ナ」。ノーネット系の「アリス」。ネット系の「パンナ」。

栽培暦

【図3】家庭菜園でのメロンの栽培暦3月下旬〜4月中旬にタネをまけば、7月中旬〜8月にかけて収穫できます【図3】。風雨にさらされると病害や果実障害を受けやすいネット系は、トンネル栽培にすれば格段に安定します。

メロンの栽培方法

(1)育苗

【写真16】子葉展開〜本葉1枚のころに1本に間引く。育苗は、タネの芽出しも含めて、スイカと同様にポットに2〜3粒まき、子葉展開〜本葉1枚までに1本に間引きます【写真16】。その後はスイカと同様に管理します(スイカページ参照)。

畑の準備

定植の1カ月ほど前に1m²当たり完熟堆肥を2kg、苦土石灰100g、有機配合肥料などでチッソ、リン酸、カリを各成分量で12gを目安に施用します。三要素が各8%の肥料の場合、元肥全量で150gを施して耕します。
定植の1週間前に幅70〜100cm、高さ10cmの畝をつくり、地温を高めるためにポリフィルムでマルチをします【図4】。トンネル被覆をする場合は、畝をつくってマルチをしたら、直ちにトンネル被覆をして地温を上げておきます。

【図4】畑の準備

(3)定植とその後の管理

育苗日数30〜40日、本葉3〜4枚の苗を、株間は80cmで、スイカに準じて定植し、ホットキャップをかぶせます。【写真17】。活着したら本葉を4枚残して摘芯します。ホットキャップは定植後2〜3週間したら除去します。
子づるが50cmほどになったら、ノーネット系では2〜3本、ネット系では2本残して、ほかは元から摘みとります【写真18】。

子づるが1mほどに伸びたら、一方向に誘引します【写真19】。ノーネット系では子づるの6〜10節【図5】、ネット系では11〜15節から出る孫づるを2節で摘芯し【図6】、孫づるの1節目につく雌花に交配して着果させます。着果節位以下の子づるから出る孫づるは、早めにかきとり、子づるは25節前後で摘芯します。摘芯後に着果節より上の節から伸びる孫づるは、草勢を維持するために、ネット系では3〜4本残し、ほかは摘みとります。ノーネット系では、着果節より上の節の孫づるは放任します。子づるが通路に伸び出す前に、通路に敷きわらをしておきます。

【写真17】本葉3〜4枚のころに定植する。【写真18】子づるが伸びたら揃ったものを2〜3本にする。【写真19】子づるを誘引する(2本仕立て)。
【図5】ノーネット系メロンの仕立て方【図6】ネット系メロンの仕立て方

メロンは1つの花に雄しべと雌しべがあるため、開花したら雄しべで雌しべを軽くなでるようにして交配し、花の近くに交配日を記したラベルをつけます。ミツバチが働いていれば交配は不要です。交配後、10日ほどして果実が鶏卵大になった時に、ネット系は長卵形で傷のない果実を子づる1本当たり2果、ノーネット系では3果残して、ほかは摘果します。ただし、果実が小さい「かわい〜ナ」は摘果せず、すべて収穫します。
トンネルをした場合、中の気温が30℃を超えたら換気します。最低気温が14℃を超えたら、夜間も裾を10cmほど開け、交配後は雨をよける程度にします。
病気では、うどんこ病やつる枯病などが発生しやすいので、交配後から2〜3回、ベルクート水和剤などを散布します。アブラムシは見つけたら、モスピラン水溶剤などで防除します。

(4)収穫

「かわい〜ナ」などのノーネット系は交配後45〜50日、「パンナ」などのネット系では交配後53〜55日で収穫となります。果実周辺の葉枯れ、ヘタ部のネットの盛り上がり、ヘタに離層ができることなどが収穫の目安です。試し切りをして、甘くなっていることを確認してから収穫しましょう。

川城 英夫さん

川城 英夫

1979年千葉県入庁、千葉県農業試験場、同県野菜担当農業専門技術員などを経て、現在、千葉県農林総合研究センター生産技術部長。農学博士。主な著書に「家庭菜園レベルアップ教室根菜T」(農文協)、「野菜づくり 畑の教科書」(監修・家の光協会)など多数。