タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

はじめてのカボチャ特集

はじめてのカボチャ特集

種類も沢山あり、育てて楽しい、食べて楽しいのがカボチャです。家庭菜園で是非挑戦してみてください。

えびす はじめて栽培おすすめ品種
えびす

おいしいかぼちゃの代名詞と言えば「えびす」おいしさはもちろんのこと、とても作りやすい品種ですので、初めてのかたにもおすすめです。

商品詳細ページへ
栽培カレンダー

栽培のここだけチェック

カボチャ栽培のポイントは発芽と肥培管理!発芽まではしっかり温度を確保することと、肥料を与えすぎないことに気をつけてください。

栽培のポイント

point01 タネまきから育苗管理

  一般地なら4月上中旬が目安です。発芽には25〜30℃の高い地温が必要ですので、ポットにまいて(12cmポットに3粒まき)加温育苗器で温めます。順調にいけば3〜4日で発芽します。
  発芽後は地温を20℃に、夜の気温を15℃くらいに下げます。水やりは、朝に水をやって夕方には土が乾く程度の量に控えます。本葉が1枚開いたころに元気のよい1本を残して間引きます。

カボチャの育苗管理

point02 土づくりから定植

  カボチャは水はけのよい土を好むので、水はけの悪い畑では高畝にします。元肥は1当たり堆肥2kg、チッソ10〜12g、リン酸15〜20g、カリ10〜12gを基本に施します。元肥が多すぎると葉ばかりが茂り、果実がなりにくくなりますので注意してください。

土づくり 味菜 果菜の肥料 味菜 果菜の肥料 味菜 果菜の肥料 バイオコダルマ バイオダルマ バイオダルマ

  12cmポット苗なら本葉が3〜4枚開いたころが定植の適期です。晴れの日の午前中に、ポットの土を崩さないようていねいに植え付けます。植え付け後1週間ほどは、土の表面が乾かないようこまめに水をやります。植え付け時に、アブラムシ予防として殺虫剤の粒剤を施します。

 
よいカボチャ苗の状態
植え付け

point03 定植後の管理

(i)仕立て方
  親づるは本葉5〜6枚を残し摘芯して子づるを2〜3本伸ばします。子づるが伸びてきたら、そのわき芽を小さいうちに摘み取ります。同時に株元から数えて8節目までの雌花も早めに除去します("ほっこり姫"は6節目まで)。ただし、着果節以降のわき芽は放任します。
(ii)交配
  カボチャには雌花と雄花があり、雌花に交配して初めて果実がなります。通常はミツバチが自然に交配をしてくれます。しかし、悪天候などでミツバチの活動が鈍る場合、人工受粉を行います。開花したばかりの雄花を摘み取り、午前10時までに雌花の柱頭に花粉をつけます。
(iii)追肥・病害対策
  果実がこぶし大になれば、1当たりチッソ成分で3gの追肥を行います。この時期にうどんこ病がよく発生しますので、発生初期に薬剤防除します。

摘芯
整枝
人工受粉

point04 収穫と追熟

受粉後45〜50日で成熟が完了し、収穫適期を迎えます。さらに、収穫後、雨の当たらない日陰で10日ほど追熟させると甘みが増し、おいしいカボチャに仕上がります。

収穫適期
 
敷きわら・敷き草