タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

用途別検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

学校:家庭菜園アドバイス

藤田智 直伝! プランター菜園 基本のキホン!その10 ミズナ 恵泉女学園大学 園芸文化研究所准教授 藤田智(ふじたさとし)

栽培方法

【1.コンテナなどの準備】

コンテナは土が14Lほど入る、20×65×20cm程度の標準型プランターを利用します。まず、プランターの底が見えなくなるくらいの軽石(鉢底石)を敷いてください。次いで、ウォータースペースを1〜2cmとるようにして培養土を入れ、土の表面を平らにします(第1図)。

第1図コンテナなどの準備

【2.タネまき】

タネまきの適期は、春は3月下旬〜5月、秋は9〜10月となります。前述のおすすめ品種とまき時を参考に、その時期に最適な品種をお選びください。

タネまきの際は、まず平らにならした培養土に、小株どりの場合は条間10〜15cm、深さ1cm程度の2条のまき溝をつくり、1cm間隔でタネをまきます。まいた後は溝が埋まるくらいに覆土し、土の表面を軽く押さえてから、たっぷりと水やりします。大株どりでは、20〜30cm間隔で1カ所7〜8粒の点まきにします(第2図)。

第2図タネまき

【3.水やり】

発芽するまでは、土の表面が乾かない程度に水やりします。発芽後は「土の表面が乾いたらたっぷりと水やりする」というルールを守り、水のやりすぎに注意します。

【4.間引き】

間引きは、小株どりなら発芽して双葉が完全に開いてから、本葉1〜2枚までのころに行います。株間を3〜4cm間隔とし、ていねいに間引いてください。大株どりでは、同様の時期に3本にし、それ以後は本葉3〜4枚で2本に、本葉5〜6枚で1本に間引きます(第3図・第4図)。

第3図間引き(1回目) 第4図間引き(2回目・3回目)※大株どりの場合

【5.追肥】

小株どりの追肥は、タネまき後17〜20日、草丈が8〜10cmに生長したころに行います。培養土1L当たり化成肥料1g(14L程度のプランターの場合で14g)を目安に、土の表面へ均一に散布します(第5図)。なお、液肥を使用する場合は、週に1回を目安に500倍の液肥を水やり代わりに施します。

大株どりでは、まず2回目の間引き時に行い、それ以降は2週間に1回を目安に、小株どりと同量の化成肥料を追肥します。

第5図追肥(小株どり)

【6.病害虫防除】

害虫では、アブラムシにはオレート液剤、アオムシ、コナガにはトアローフロアブルCTなどを散布します。また、寒冷紗(かんれいしゃ)などでプランター全体を覆うと、無農薬栽培も可能です。

【7.収穫】

小株どりでは、春秋でタネまき後30〜40日が収穫の目安です。草丈25〜30cm程度に生長してきたら、順次収穫します。また大株どりでは、1株がおよそ2kgになれば収穫を開始します(第6図)。ベビーリーフなら草丈10〜12cm程度で収穫可能です。

第6図収穫

商品購入はこちら