タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

用途別検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

学校:家庭菜園アドバイス

藤田智 直伝! プランター菜園 基本のキホン!その16 インゲン 恵泉女学園大学 園芸文化研究所准教授 藤田智(ふじたさとし)

特徴

インゲンは、学名はPhaseolus vulgaris、英名はcommon bean、和名を隠元豆という、代表的なマメ科の一年草です。中央アメリカが原産で、日本へは1654年に「隠元禅師」によって伝えられたことから、「インゲン」と呼ばれるようになりました。完熟したマメを食べる場合は「インゲン」、若い莢(さや)を丸ごと食べる場合は「サヤインゲン」となります。

カロテンや食物繊維が豊富で、カルシウム、鉄などのミネラルにも富む健康野菜です。調理法はごく簡単で、特に「とれたて」を食するのがうまさの秘訣です。

栽培適温は15〜25℃で、25℃を超えると落花が多くなります。

また、マメ類の特徴は、根に根粒菌(チッソ固定菌)が共生し、根粒を形成することです。

根粒菌はマメから栄養素を拝借し、そのお礼にチッソ分をマメへ還元します。

したがって、地力の低い所でも栽培が可能になるわけです。しかも、栽培が終わった後は根が土壌中に残存して、地力の増大に貢献します。

ですから、化成肥料の施肥量は、ほかの野菜のほぼ半分で済むエコ野菜といえます。逆にいうと、チッソ分の施しすぎは「つるボケ」の原因にもなるので気をつけましょう。

商品購入はこちら