タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

学校:家庭菜園アドバイス

藤田智 直伝! 家庭菜園 基本のキホン!その22 シュンギク 恵泉女学園大学 園芸文化研究所准教授 藤田智(ふじたさとし)

主な品種

シュンギクは、葉の切れ込み程度により、大葉種、中葉種、小葉種に分類されます。

●中葉種

日本全国で最も栽培の多い種類が、この中葉種です。中葉種はさらに、側枝の分岐が少なく、茎が伸びやすい「摘み取り型」と、根元から株が張り、側枝の分岐が多い「株張り型」の、2つのタイプに分類されます。

摘み取り型の品種では、‘きわめ中葉春菊’が寒さに強くて低温伸長性があり、葉色は濃く、品質もよいのでおすすめです。また、‘中葉新菊’も収量が多く、作りやすい品種です。

株張り型の品種では、‘菊次郎’が分枝性の強さと揃いのよさを持ち、葉はやわらかく、さらに石灰欠乏症にも強いので家庭菜園向きでおすすめです。また、‘株張り中葉春菊’は耐暑性と耐寒性が強く、株元からの分枝が多い多収品種です。

●大葉種

葉は大型で切れ込みが浅く、葉肉が厚い品種です。中葉種より葉がやわらかく、苦みが少ないのが特長です。代表的な品種である‘大葉春菊’は、風味のよい、大型で肉厚の葉が自慢で、鍋物だけでなく、生でサラダ野菜としてもおいしく利用できます。

●小葉種

葉は小型で切れ込みが多く、葉肉が薄い品種です。収量が少なくトウ立ちも早いので、現在はあまり栽培されていません。

中葉種
(日本で最も多く栽培されている種類)

摘み取り型きわめ中葉春菊‘きわめ中葉春菊’
草姿は立性で摘み取りやすく、香りもよい。

株張り型菊次郎‘菊次郎’
石灰欠乏症に強く、揃い抜群の株張り中葉種。

大葉種
(葉が大型で切れ込みが浅く、葉肉が厚いタイプ)

大葉春菊‘大葉春菊’
寒暑に強く、周年栽培が可能な肉厚大葉種。

商品購入はこちら