タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

用途別検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

学校:家庭菜園アドバイス

藤田智 直伝! 家庭菜園 基本のキホン!その6 ブロッコリー&カリフラワー 恵泉女学園大学 園芸文化研究所准教授 藤田智(ふじたさとし)

特徴

ブロッコリーとカリフラワーは、肥大した花蕾(からい)を利用するアブラナ科のキャベツの仲間(変種)です。原産地は地中海沿岸地域で、日本へは明治初期に導入されましたが、栽培が一般化したのは第二次世界大戦後からです。

生育適温は20℃前後と、冷涼な気候を好みます。苗の段階では高温に強いのですが、蕾の肥大期には弱くなります。したがって、栽培には真夏を除く春から秋が適期となります。ブロッコリーやカリフラワーの花蕾を大きく育てるコツは、できるだけ外葉を大きく生長させることで、株自体が小さいと、小さな花蕾にしか育ちません。そのためには土づくりが大切で、必ず完熟堆肥(たいひ)などの有機物を投入するよう心掛けます。また、アオムシ、ヨトウムシなどの害虫がつきやすいので、これについても対策が必要です。

ブロッコリーはカルシウム、鉄分、ビタミンA・Cを豊富に含む、栄養価の高い代表的な緑黄色野菜です。また、カリフラワーは独特の風味を持ち、ミネラル、ビタミン、食物繊維に富む野菜として知られています。

商品購入はこちら