タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

用途別検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

学校:家庭菜園アドバイス

藤田智 直伝! 家庭菜園 基本のキホン!その8 ダイコン 恵泉女学園大学 園芸文化研究所准教授 藤田智(ふじたさとし)

特徴

ダイコンは、日本人に最もなじみの深い野菜です。練馬(ねりま)、三浦(みうら)、桜島(さくらじま)、聖護院(しょうごいん)、守口(もりぐち)など土地の名前がついた品種は、古くから漬物など各地の食文化と結びついて生産されてきました。小さな二十日ダイコンから大型の‘桜島大根’、長さ120cmに達する‘守口大根’まで、その品種の多様さに加え、生産量、消費量ともに日本が世界のトップにあります。これらのことから、ダイコンはまさに世界に誇る、わが国の代表的な植物だといえるでしょう。

ダイコンの根は豊富なビタミンCのほか、栄養素として鉄分や食物繊維も含みます。ダイコンおろしとして生食することが多いのは、熱に弱い消化酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)を含むためで、胃腸にやさしい野菜だといえます。栄養上、注目すべきはダイコンの葉で、ビタミンA・B・C・D・Eをそれぞれ多量に含み、たんぱく質も多いことから、最近では葉を収穫対象とする品種も登場しています。

生育適温は17〜20℃と冷涼な気候を好みますが、10℃以下の低温では花芽分化を起こし、根の肥大が妨げられるので、タネまきの時期が大切となります。また、同時に季節に合った品種を選ぶこともポイントです。

商品購入はこちら