タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

学校:家庭菜園アドバイス

藤田智 直伝! 家庭菜園 基本のキホン!その23 エンドウ&ソラマメ 恵泉女学園大学 園芸文化研究所准教授 藤田智(ふじたさとし)

栽培方法

■エンドウの栽培方法

【1.タネまき・苗の植え付け】

エンドウは冬越しする作物なので、タネまきの時期が大切です。株が大きくなりすぎると寒害を受けやすくなるので、早まきしないように注意します。タネまき適期は10月中旬〜11月上旬で、収穫期は翌年の4〜5月になります。

連作に気をつけ、5年くらいあけた場所を選びます。苦土石灰を1m2当たり150g散布してよく耕し、次いで1m2当たり堆肥たいひ2kgと化成肥料50gを施し、土に混ぜ込みます。株間は30cmとし、1カ所4〜5粒のタネをまきます(第1図)。発芽するころに鳥害を受けやすいので、ベタがけなどで覆ってやるとよいでしょう。

また、ポットまきして苗を育ててから植え付ける方法もあります。その場合は9cmポットにタネを4粒まきし、発芽後3本に間引いて、根鉢が回った本葉2〜3枚のころに株間30cmで植え付けます(第2図)。

第1図エンドウのタネまき(畑)第1図エンドウのタネまき(ポット)

【2.主な栽培管理】

(1)間引き

直まきの場合、発芽したら生育のよいものを3株残し、ほかは間引きます(第3図)。本葉が3〜4枚になったら軽く株元に土寄せし、敷き草をすると、乾燥防止と防寒対策にもなります。

(2)防寒と支柱立て

12月下旬から2月にかけては寒さが一番厳しくなる時期です。霜よけのため、畝うねの北側ないし西側に笹竹を立てて防寒します(第4図)。2月に入ってつるが伸びてきたら、支柱やネットに絡ませます(第5図)。

(3)追肥

2月に1m2当たり30gの化成肥料を株元へ追肥し、土寄せします(第6図)。

(4)病害虫

春になって、葉に絵を描いたようなナモグリバエの幼虫の食害が見られたら、エルサン乳剤1000倍液を散布します。また、うどんこ病にはトリフミン水和剤などを用います。

(5)収穫

サヤエンドウは、実が膨らみ始めるころが収穫適期です。スナップエンドウは莢が膨らんだ時、実エンドウは開花後35日くらいで、莢の表面に小じわが生じたころです(第7図)。

第3図間引き(畑) 第4図防寒対策 第5図支柱立て・ネット張り 第6図追肥 第7図収穫

■ソラマメの栽培方法

【1.タネまき・苗の植え付け】

ソラマメのタネまき適期は、エンドウと同様に10月中旬〜11月上旬で、収穫期は翌年の5〜6月です。連作に気をつけ、5年くらいあけるようにして場所を選びます。苦土石灰を1m2当たり150g散布してよく耕し、次いで1m2当たり堆肥2kgと化成肥料50gを施し、土に混ぜ込みます。

タネは株間40cmとし、1カ所2粒まきにします。発芽するころに鳥害を受けやすいので、ベタがけなどで覆ってやると効果があります(第8図)。また、ポットまきして苗を育ててから植え付けする方法もあります。その場合は9cmポットにタネを2粒まきし、根鉢が回った本葉2〜3枚のころに株間40cmで植え付けます。

第8図ソラマメのタネまき

【2.主な栽培管理】

(1)間引き

発芽したら生育のよいものを1株残し、ほかは間引きます(第9図)。2本立ちにしてもかまいません。草丈が20cmになったら軽く株元に土寄せし、敷き草をすると、乾燥防止と防寒対策にもなります。

(2)防寒と支柱立て

12月下旬から2月にかけては寒さが一番厳しくなる時期です。霜よけのため、畝の北側ないし西側に笹竹を立てて防寒します(第10図)。2月に入ってつるが伸びてきたら、支柱を立てて株を支えます。

(3)追肥

3月に1m2当たり30gの化成肥料を株元へ追肥し、土寄せします(第11図)。

(4)病害虫

アブラムシにはオレート液剤を散布します。

(5)整枝・土入れ

春先の3〜4月に分枝が出てきたら、6〜7本に間引いて株元へ土入れします(第12図)。

(6)摘芯

莢が実ってくれば、草丈70〜80cmで摘芯します(第13図)。

(7)収穫

ソラマメは若い時は空を見上げ、熟してきたら下に下がってきます。そのころが収穫適期で、とり遅れるとマメになってしまいます(第14図)。

第8図発芽・間引き 第10図防寒・支柱立て 第11図追肥 第12図整枝 第13図摘芯 第14図収穫

商品購入はこちら