タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

学校:家庭菜園アドバイス

藤田智 直伝! 家庭菜園 基本のキホン!その13 ミニ・中玉・調理用トマト 恵泉女学園大学 園芸文化研究所准教授 藤田智(ふじたさとし)

栽培方法

【1.土づくり】

日当たりのよい場所を選び、土づくりの際は、深く耕すことと水はけをよくすることを心掛けます。また、前年にトマト、ナス、ピーマン、ジャガイモなどのナス科野菜を植え付けた畑は、連作になるので避けましょう(第1図)

第1図土づくり

【2.タネまきと植え付け・支柱立て】

家庭菜園の場合、苗を購入して育てるのが一般的です。タネまきから植え付け適期の苗を育てるのに60日以上かかるため、4月下旬〜5月上旬の植え付け適期から逆算すると、2月下旬の低温期にタネまきしなければならず、保温などの管理が大変だからです。しかし、自分で栽培してみたい品種がある場合は、育苗に取り組む必要があります。

植え付けは、遅霜の心配がなくなる、4月下旬〜5月上旬ごろに行います。トマトの植え付け適期苗は、第1花房の1〜2花が開花するくらいの大きさですが、市販苗は9cmポットに植えられており、一般に小さめなので、購入してから12cmポットに移し、1番花が咲き始めるまで養生した方がよいでしょう。マルチに印をつけて移植ゴテで植え穴を掘り、水をたっぷりと注ぎ、水が引いてから植え付けます。その際は、花房を同じ通路側の方向に向けて植え付けると、管理や収穫が楽になります(第2図)(大玉トマト:2006年1月号参照)。

タネまき・育苗 育苗中のミニトマト。節間がつまっていて、ガッチリした苗を育てる。

第2図植え付け・支柱立て よい定植苗の選び方

【3.整枝・誘引】

苗が活着し、葉や茎の生長が旺盛になると、葉の付け根から盛んにわき芽が出てきます。トマトは、一般にこのわき芽をすべて摘み取り、主枝1本にのみ果実を着果させる1本仕立てで育てます(第3図)。わき芽とりの作業は果実を大きくし、日当たりと風通しをよくするので、病害虫も少なくなります。特に、花房直下のわき芽を摘み取った後は、支柱に茎を8の字状に縛っていきます。この作業を誘引といいます。わき芽取りおよび誘引の作業は、毎週1回行います(第4図・第5図)。どこまで実をならせるかですが、おおむね5〜6段くらいで芯止め(摘芯)としましょう。もちろん、それ以上でも結構です。最終花房の上2枚の葉を残して摘芯します。

ミニトマトでは、2本仕立ての方法もあります。第1花房直下のわき芽を伸ばし、主枝と合わせて2本の茎に実をならせる方法です。この整枝法を行う場合は、株間を広めにとるようにします(第6図)。

第3図主枝1本仕立て 第4図わき芽とり ミニトマト誘引の様子。8の字に支柱と茎を結ぶ。 第5図誘引 第6図主枝2本仕立て

【4.ホルモン処理】

トマトの場合、つるぼけ防止のために、第1花房の着果は必ず成功させなければなりません。一般に、第1花房の開花時期は低温期に当たるので、トマトトーン100倍液を散布し着果を促します。ホルモン処理は、1つの花房の2〜3花が開花した時期に、花房全体に施します。二度がけは奇形果の原因となるので、注意が必要です。

コラム 苗はまっすぐに植え付ける?それとも寝かせて植え付ける?

4月から5月にかけて各地で野菜作りのお話をすると、必ず出てくるのが「トマトの苗はまっすぐか、それとも寝かせて植え付けた方がよいのか?」という質問です。トマトの茎はどこからでも不定根が出てきて、簡単にわき芽の挿し木ができるほどです。ですから、質問された方は「苗を横に寝かせて植え付けると、地面に接した茎から不定根が出てきて、結果的に根の量が増加し、生育も良好になるのでは」と言うのです。
そんな時、私はいつもこう答えています。「ガッチリとした苗なら、まっすぐに植え付けてください。ただし、徒長しているような苗なら寝かせて植え付け、株元の茎から発根し根づいたら、土寄せしてまっすぐに誘引してください」。というのは、基本的に風通しをよくし、土からの病害虫が感染するのを防ぐためには、まっすぐに植え付けた方が無難だからです。まずは基本に忠実に、そして技術的に上達したら新しい方法にチャレンジしていこう、ということですね。

苗はまっすぐに植え付ける?それとも寝かせて植え付ける?

【5.追肥】

1回目の追肥は第1果房が肥大を始めたころ、2回目は第2花房に着果した時期に、それぞれ化成肥料を1m2当たり30g施し(第7図・第8図)、その後は生育を見ながら同量の化成肥料を追肥します。

第7図追肥(1回目)第8図追肥(2回目)

【6.水やり・敷きわら】

収穫前に水やりを控えると、甘みのあるトマトになります。ただし、梅雨明けとともに土が乾燥し、乾きの激しい場合は、畝にわらを敷いて水をやっておきましょう(第9図)。

第9図敷きわら

【7.病害虫の防除】

病害が発生すると収穫皆無という事態も起こり得ますので、疫病にはZボルドー、葉かび病、菌核病にはトップジンM水和剤、灰色かび病にはカリグリーンなどを散布し、予防に努めます。アブラムシにはオレート液剤などを散布します。

【8.収穫】

ミニトマトは、開花後40日程度で着色してきます。おすすめ品種はどれでも食味が最高なので、真っ赤に熟したミニトマトの甘みを味わいましょう。また、中玉トマト、調理用トマトの場合も完熟果を収穫します。

完熟果を収穫したミニトマト。中玉、調理用いずれも完熟果を収穫する。

コラム おいしいトマトを収穫するコツ

真っ赤に熟してから収穫したトマトは、それだけでも十分おいしいものです。でも、実はよりおいしいトマトを収穫するためのコツというものがあるのです。
1つは、果実が赤く色づき始めたら、水やりを少なくすることです。収穫期に水やりを控えることによって、糖度が増し、味が濃くなるのです。2つには肥料です。カリ肥料を多めに施すことで、ビタミンAやCが増加することが知られています。3つ目は収穫時間です。できれば、光合成の同化産物が蓄積している、朝早くに収穫することが望ましいでしょう。「朝露にきらりと光る真っ赤なトマトの甘み」は、家庭菜園ならではの喜びなのです。

朝早く収穫したトマトの甘みを楽しめるのは、家庭菜園ならでは。

商品購入はこちら