タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

テーマある植物選びですてきな庭づくり

「これも好き、あれも欲しい」と、お気に入りの花を集めて庭に植えてみたけれど、何だかすてきな庭にならなくて…。そんな悩みをお持ちの方に、美しい庭をつくるための植物選びのポイントをアドバイス。一番大切なのは、まず、庭全体を考えること。どんな庭にしたいのか、そのテーマに適した植物を選ぶにはどうしたらよいか、毎回、入手時期の植物をピックアップして、詳しくご紹介します。

いまから植えて春に楽しむクリスマスローズ

まずは庭のテーマにあう花形を選ぼう

今回のピックアップは、春まだ寒いうちから咲き出すクリスマスローズのガーデンハイブリッドです。キンポウゲ科の宿根草で、レンテンローズとも呼ばれ、うつむきがちに咲く風情ある姿に心惹かれる方も多いことでしょう。庭に彩りの少ない時期から咲き始め、春の間長く花が楽しめ、しかも花が終わったあとは、葉がグラウンドカバーの役目をしてくれるので、庭のベースにもってこいの花です。いまから植えても春の開花が楽しめるので、ぜひ庭のテーマにあった品種を選んで、庭のセンスアップに利用したいものです。

クリスマスローズのガーデンハイブリッドといっても、じつは花形も花色も変化に富んでいます。もし、大人っぽくしゃれた庭にしたいなら、花形はシンプルな一重咲き(シングル)がおすすめです。ふんわりとしたカップ状に咲く花はすっきりと美しく、周囲にビオラなど小さな花を植えるとパッとよく目立ち、庭のテーマも明確に打ち出せます。シックにまとめたいならややダークな赤紫系、ナチュラルな印象にしたいなら、白花をまず選んでみるとよいでしょう。花びらの縁に細く色が入るピコティーは、花の形がよりくっきりと見え、すっきり感も増します。落葉樹の下があいていたら、そこに一株植えるだけで、美しい景色が楽しめます。春には日差しが入り、夏には生い茂った葉の陰になる落葉樹の下は、クリスマスローズには絶好の環境です。

つぎに、華やかであでやかな庭にしたいなら、選ぶのは八重咲き品種(ダブル)です。これがひそやかに咲くクリスマスローズ?と驚くほど、エレガントな雰囲気が楽しめます。白、ピンク、黄色など、色をミックスしてうえれば、より賑やかな景色が楽しめます。半八重咲き品種(セミダブル)も同様に利用するとよいでしょう。同じ時期に咲く球根で、草丈が低めの種類、ムスカリやミニスイセンを近くに植えると色あわせの幅も広がり春らしい景色を描くことができます。クリスマスローズはうつむきがちに咲くので、レイズドベッド(立ち上げ花壇)など、少し地面を高くした場所に植えると、花のアップが眺めやすくなります。

お気に入りの花を確実に咲かせたいならメリクロン苗を選んで

さて、クリスマスローズのガーデンハイブリッドですが、一つひとつ株によって花の表情が異なるのにお気付きでしょうか。クリスマスローズは挿し芽ができないため、タネをまいて殖やすしかないのですが、タネから殖やすと個体差があり、交配育成すると同じ花が咲かないことも多いのです。さまざまな表情が楽しめるのもまたクリスマスローズの魅力ともいえますが…。

「カタログや写真で見た花が欲しい」という方におすすめなのがメリクロン苗です。メリクロン苗というのは生長点培養という方法で増殖した苗で、いちばんの利点は親となった元の花と同じ花が咲くことです。メリクロン苗であれば、カタログでみた花が確実に咲き、また病気にかかっている心配もありません。庭植えはもちろんですが、鉢植えで楽しみたい場合は花をアップで眺めることになるのでお気に入りを確実に咲かせたいもの。そんな時はぜひメリクロン苗を選んでみてください。

おすすめメリクロン苗

一重咲きのおすすめ品種
カシスレッド アシュード ローズリップ ホワイト サクラピンク
八重咲きのおすすめ品種
エレガンス アイス マジョリカ 八重ライムイエロー
フローレンス ピコティー フローレンス ローズリップル