タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

バラとクレマチスの美しき競演

バラとクレマチスの美しき競演

難波さんのバラ庭の魅力は、バラと同時にさまざまな花が咲き混じる、ナチュラルで華麗な景色にあります。とりわけ、アーチやトレリスに絡んでバラに寄り添うように花を咲かせるクレマチスは、互いを引き立てあう「競演者」としても欠かせない花です。今回は、今年の夏に見せてくれた、バラとクレマチスが織りなす美しい景色をご紹介します。

支柱も肥料も共有できるバラとクレマチスは相性抜群の組みあわせ

「ギスレーヌ ドゥ フェリゴンド」×「ビエネッタ」淡いオレンジ色のオールドローズにあわせたクレマチスは、花びらがやや緑みを帯びる白色で花芯が紫色の「ビエネッタ」。オレンジ色×紫の色あわせは、2色の色みが大幅に異なるためお互いを引き立てあい、パッと目を引きます。「ビエネッタ」の開花時期は5〜10月。夏は一時休みますが、切り戻すと秋にまた花が楽しめます。

「バラとクレマチスは相性抜群!」という難波さんは、バラを絡ませたアーチやトレリスには、必ず足元にクレマチスを一緒に植え込みます。つるを絡ませる支柱を共有できること、これがまず相性のよい理由。バラの新芽が上がり始めたころから、薄めにした液肥を3日に1回ほどやりますが、バラもクレマチスも多肥を好むので、この肥料をクレマチスと共有できるのも理由の一つです。バラとクレマチスは、品種を選べば同時期に花を咲かせることができるのもW相性よしWといえる大きなポイントでしょう。
花びらが多く、立体的でボリュームのある花を咲かせるバラが多い中で、クレマチスのフラットな花形はアクセント効果も抜群です。クレマチスは一重咲き、八重咲きともに、花びらの先端がすっと尖ったものが多く、そのすっきりとした表情は、バラとはまた違った凛とした印象を与えてくれます。花形の違いだけでなく、クレマチスにはバラには少ない美しいブルー系の品種が多く、彩りのうえでもアクセントになります。特にバラのすぐ近くで咲かせると、その違いが際立ち、景色もより変化に富んだものになります。
最近ではバリエーションが豊富になったクレマチス、「どのバラにどのクレマチスをあわせようか悩むのも楽しいもの」と難波さん。咲き進むにつれ色が変化する品種はナチュラルなグラデーションが描けて特におすすめだそうです。そんな難波さんの庭で、初夏に見せてくれたバラとクレマチスの競演をご紹介します。

「群星」×「白万重」   ロサ・ケンティフォリア×「白万重」
小さな白花が房咲きになるかわいらしいつるバラと、淡い黄緑から白へのグラデーションが美しい「白万重」。右のピンクのバラとの組みあわせとはまた違う、ナチュラルでさわやかな景色が展開します。「白万重」は新旧の枝に次々と花が咲き、とても花もちがよいので長く楽しめるのも魅力。   愛らしいピンク色のオールドローズと、淡黄緑から白へと変化する八重咲きのクレマチス「白万重」。反対色の関係にある赤×緑を淡いパステルカラーで組みあわせると、優しいながらも互いを引き立てあう配色になります。
モッコウバラ×「ジョセフィーヌ」   「アルベルティーヌ」「アンリ マルタン」「フォール スタッフ」×「ピール」
バラの中では開花が早い白花のモッコウバラですが、早咲き大輪種のクレマチス「ジョセフィーヌ」はちゃんと一緒に咲いてくれました。「ジョセフィーヌ」は開花するにつれ、花色が淡くなり、とてもゴージャスな雰囲気に。モッコウバラが上のほうに咲くので、淋しくなる足元の空間を華やかに演出してくれます。   赤とピンクのバラを絡めたアーチに加えたクレマチスは濃淡ピンクの花弁がパッと目をひく「ピール」。アーチ全体がピンクの濃淡で統一され、しかも花形の違いが際立って印象的です。「ピール」は初めは一重咲きですが、徐々に八重咲きも混じるようになります。
「パット オースチン」×「ベル オブ ウォーキング」   「群星」×「ドクターラッペル」
鮮やかなオレンジ色のイングリッシュローズと淡いラベンダーの八重咲きクレマチスの組みあわせは、おしゃれでエレガント。「ベル オブ ウォーキング」は花径10pほどの大輪で、バラに劣らぬ存在感が魅力。初めはピンクがかった白で、咲き進むと紫がかった涼しげな花色になります。   ブルーにペイントしたトレリスを背景に、白いバラと濃淡ピンクのクレマチスがパッと映え、さわやかでおしゃれ。「ドクターラッペル」は、淡ピンクに濃ピンクの筋がくっきり入る花色がとても美しい品種。丈夫で育てやすく、この株も10年以上前に植え込んだものだそう。
ノイバラ×「天塩」   「H.F.ヤング」
淡い青紫のスマートな花びらが重なる八重咲きの「天塩」は、バラにはない涼しげな表情が魅力。まだ咲いていませんが、小輪の白い花がたくさん咲くノイバラのアーチに一緒に絡めています。ノイバラが満開になると、花のサイズ感の違いから、静かながらもリズム感のある景色になります。   写真には写っていませんが、ピンクの濃淡のバラ数種を絡ませたアーチの足元に咲くクレマチスです。「H.F.ヤング」はブルー系の中でも特に青みがきれいで、難波さんのお気に入り品種。丈夫で花がよく咲き、4月中下旬に開花し始める早咲き品種。初めてクレマチスを育てる方にもおすすめだそう。
  • 花がたくさん咲く「白万重」はアレンジにも利用して!花つき、花もちがよい「白万重」は、アレンジメントで楽しむのもおすすめ。6月中旬、バラが終わるころに咲いたアメリカアジサイ「アナベル」とあわせると、涼しげで洗練された印象に。
    ●クレマチス「白万重」
    ●アメリカアジサイ「アナベル」
  • ベル形のクレマチスもキュート!クレマチスの中でも最近人気が高いのが、ヴィオルナ系やインテグリフォリア系の品種。難波さんの庭では美しい青紫の「浮舟」が咲いていました。切り戻すとまたよく咲き出し、真夏も咲き続けたそうです。
    ●クレマチス「浮舟」
  • クレマチス栽培のポイント
園芸家 難波 光江
園芸家 難波 光江 セツ・モードセミナー卒業後、デザインの仕事を経て舞台を庭に移し、園芸家として女性誌や園芸誌などで活躍。東京・二子玉川のたまがわ島屋のガーデニングセミナーは、毎回定員をはるかに超える応募があるほどの人気ぶり。「バラの庭づくり」(世界文化社)、「難波光江のガーデニング12カ月」(主婦の友社)など多数の著書がある。庭は個人邸のため非公開。