タキイネット通販

5,000円以上お買い上げのお客様 送料無料!

詳細検索

あなたにおすすめの商品

カテゴリから探す

野菜タネ
花タネ
球根
草花の苗
花木の苗
果樹の苗
野菜・イモの苗
緑肥・景観用・芝草のタネ
ガーデニンググッズ

タキイガーデンスタイル

耐寒性(たいかんせい)
低い気温に耐えて生育する性質を耐寒性という。
台木(だいき)
植物を接ぎ木する場合、根部に当たるものを台木という。例えば、スイカの双葉苗をユウガオの双葉苗に挿し込んで接ぎ木すると、根はつる割病(つるわれびょう)に侵されないし、地上の蔓には目的のスイカが実る。この場合のユウガオを台木といい、スイカを穂木(ほぎ)という。 なお、果樹などは病害防止の目的ではなく、品種の形質を正しく保持する苗木をつくる目的で、それぞれ必要な台木に接ぎ木する。
(>>>つる割病)
堆肥(たいひ)
ワラ・落ち葉・その他植物有機物を微生物の働きで腐らせたものを堆肥と呼び、畑に混和して用いる。植物の生育に有効な多くの微量要素を含むが、単なる肥料成分のみでなく、土壌の物理性をよくし、土壌微生物の働きを高める、栽培上欠かせないものである。積肥(つみごえ)ともいう。
耐病性(たいびょうせい)
多くの病害について、作物の品種間で抵抗性のあるものと、さほどないものがある。抵抗性のあるものを耐病性と呼ぶ。
太陽熱消毒(たいようねつしょうどく)
夏季の栽培休閑期のハウスで、太陽熱を利用して土壌消毒と有機物施用の併用効果を得る方法。稲ワラなどの粗大有機物と石灰窒素を施用し、その畝間に水を溜めて古ビニールで覆い、ハウスを昼夜密閉状態にして20〜30日間高温処理する。
抱き畝(だきうね)
2本の畝を合わせたような形の畝を抱き畝という。
立枯病(たちがれびょう)
地際部の茎が侵されて枯死する病害で、多くの作物が害される。ピシウム菌とリゾクトニア菌が原因となる場合が多く、幼苗期に多発する。
脱窒現象(だっちつげんしょう)
植物に吸収されなかった硝酸は、浸透水とともに土中から流失するが、一部は脱窒菌の作用で窒素ガスになり、地上に出てしまう。これを脱窒現象という。また、稲ワラなど生の有機物を多量に投入する時に、腐敗を促すため石灰窒素を施すが、多量の窒素を要するので不足を起こす場合がある。これも脱窒現象である。
多肉植物(たにくしょくぶつ)
観葉植物のうち、葉や茎の肥厚していることが特徴となっているものをいう。リュウゼツランやアロエなどがその一例である。
タネなしスイカ
作物の染色体の数は、普通二倍体である。スイカの生長点にコルヒチンをつけると、それから伸びる蔓は染色体が倍加されて四倍体になる。この四倍体と二倍体とを交雑すると三倍体ができる。この三倍体を育て結実させると、タネが正常に発育しないため、果実はできてもその中にタネのないスイカができる。 この理論によって改良されたスイカをタネなしスイカという。
多年草(たねんそう)
長年にわたって生育し、開花結実する草本植物をいう。球根類も広義では多年草に属するが、一応分けられている。多年草のうち低温に強く露地で越冬するキク・オダマキ・ミヤコワスレなどは、冬季地上部は枯死しても、地下部の根・地下茎などで越冬して、再び芽を出す宿根草である。
短花柱花(たんかちゅうか)
ナスは生育が衰えると雌しべが短くなる。この花を短花柱花といい、受精しにくいので、たいてい落花してしまう。
タバココナジラミ
ナス・トマト・キュウリなど多くの作物を加害する害虫である。吸汁によって作物を枯死させたり、トマト黄化葉巻病などの植物病原ウィルスを媒介する。多くのタイプが存在し、日本には在来系統の他、1989年に海外からの侵入が確認されたバイオタイプB、2005年に侵入が確認されたバイオタイプQが存在する。バイオタイプQは多くの殺虫剤に抵抗性を示すため、問題になっている。
断根(だんこん)
苗の周りにナイフなどを入れ根を切断する作業をいう。これによって、新根を多く発生させ、植え傷みを少なくする。(ずらし)
(>>>ずらし)
炭酸ガス施肥(たんさんガスせひ)
気密性の高い施設では、日の出後、作物の光合成が始まるとともに室内は炭酸ガス不足になる。この炭酸ガス不足を回避し、さらに最適濃度まで炭酸ガスを与えて植物の生長を活発化し、生育の増進・収量の増大・品質の向上を図ることをいう。晴天日は1,000〜1,500ppm、曇天日は500〜1,000ppmがよい。なお、大気中の炭酸ガスは300ppmである。
短日(性)植物(たんじつ(せい)しょくぶつ)
一定時間以上の暗期をもつ光周期(光を周期的に受ける時、その明期と暗期の組合せをいう)が与えられないと開花しない植物。暗期が明期より長いとは限らない。(長日(性)植物・ちょうじつ(せい)しょくぶつ)
(>>>長日(性)植物・ちょうじつ(せい)しょくぶつ)
短日処理(たんじつしょり)
短日の条件(暗期を長くする)を与えることで、短日植物の開花を早めたり、キュウリの節成性を高める、などの目的で使用する。
単性花(たんせいか)
不完全花(ふかんぜんか)と同意語。1花中に雌しべか雄しべのどれか一方だけしかない花。
(>>>不完全花)
炭そ病(たんそびょう)
葉・茎・果実に、それほど小さくない黒い病斑をつくり枯死させる病害で、発生すると被害の進行はかなり速い。
炭素率(たんそりつ)
有機物中の炭素量を窒素量で割ったものでC/N率ともいう。温床の踏み込みは適当な発熱がその要点であり、それに大切なのが踏み込む材料の炭素率である。C/N率が30ぐらいのときに発熱が適度だとされている。
単肥(たんぴ)
硫安や過りん酸石灰などのように、肥料成分を一つしか含んでいない肥料をいう。
単粒構造(たんりゅうこうぞう)
土壌粒子が結合または集合しておらず、一つ一つがバラバラの状態のときを単粒構造という。砂や粘土は、単粒構造である。
単為結果(たんいけっか)
受精しなくても果実ができることをいう。普通はタネなしとなる。 単為結果には二種類あり、花粉やそれにかわる物質の刺激によって、受精せずに結果するものを他動的単為結果といい、受粉やその他の刺激なしに結果するものを自動的単為結果(キュウリ・バナナ・イチジク・ブドウ)という。
団粒構造(だんりゅうこうぞう)
土の粒子が集合したものを団粒(だんりゅう)といい、団粒でできている土の状態を団粒構造という。植物栽培上、好ましい土壌状態である。